夏帆&妻夫木聡の情熱的なキス、漏れる吐息――三島有紀子監督作「Red」予告完成

映画.com / 2019年10月31日 8時0分

写真

ポスタービジュアルもお披露目 (C)2020「Red」製作委員会

 [映画.com ニュース] 夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗が共演し、三島有紀子監督がメガホンをとった映画「Red」のポスタービジュアルと予告編が、このほどお披露目された。あわせて追加キャストも発表され、片岡礼子、酒向芳、山本郁子、浅野和之、余貴美子の参加も明らかになった。

 直木賞作家・島本理生氏が、センセーショナルな表現で新境地を開いた問題作を実写映画化。誰もがうらやむ夫、かわいい娘と暮らし、“何も問題のない生活”をおくっていた村主塔子(夏帆)は、かつて愛した男・鞍田秋彦(妻夫木)と10年ぶりに再会を果たす。ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく鞍田。現在と過去が交錯しながら向かう先で、2人は誰もが想像しなかった“決断”を下すことになる。

 ポスタービジュアルは、“本当に愛する人”鞍田に再会してしまった塔子が、自身の思いに抗いながらも、惹かれ、堕ちていく瞬間を切りとったもの。キス寸前の2人の姿はタイトルを想起させるように赤く染められ、「愛することが、生きることだった。」というコピーが添えられている。

 予告編は、塔子をとりまく3人の男を活写。“かつて激しく愛した男”鞍田は「君は変わってないな」とほほ笑み、“見透かしてくる同僚”小鷹淳(柄本)は「2人とも知り合いですか?」と探りを入れ、“理想を押しつける夫”村主真は「働く必要ないんだよ」と言い放つ。それぞれが塔子に対して、三者三様の“愛のまなざし”を向けていることがわかる。

 また「もう会わないから」というセリフとは裏腹に、鞍田と離れることができない塔子の姿も。情熱的なキス、漏れる吐息――そんな2人に突きつけられるのは、あまりにも残酷な“秘密”だ。映像は「この夜の先は、絶望か、希望か――」「あなたの中の“恋愛映画”が塗り替わる」という予想外の展開を示唆する言葉で締めくくられる。

 「Red」は、2020年2月21日全国公開。R15+指定。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング