「クィア・アイ」ファブ5が伝える“愛”の重要性「ほかのことは単なるおまけ」

映画.com / 2019年11月3日 12時0分

写真

ファブ5が東京での撮影を述懐

 [映画.com ニュース] Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ」の日本を舞台にしたスペシャルシーズン「クィア・アイ in Japan!」が配信中だ。悩みを抱えて自信を失った人々を魅力的に生まれ変わらせるファビュラスな5人のゲイの男性、通称ファブ5のメンバーが、日本での撮影を通して感じた文化、そして自分を愛し、他者から愛されることの大切さを語った。(取材・文・写真/編集部)

 「クィア・アイ」は、米Bravoの大ヒットリアリティ番組「Queer Eye for the Straight Guy(原題)」のリブート版。ファブ5のメンバーには、美容担当のジョナサン、フード&ワイン担当のアントニ、ファッション担当のタン、カルチャー担当のカラモ、インテリア担当のボビーという各分野のスペシャリストがキャスティングされた。現在シーズン1~4、そして「クィア・アイ in Japan!」ががNetflixで独占配信中。5人の匠の技はもちろんのこと、相手を尊重する人柄が愛され、世界的な大ヒット作品となっている。

――日本での撮影はいかがでしたか?

 ボビー 日本は世界で1番好きな国のひとつで、東京は1番好きな街のひとつ。秩序正しく、清潔で、すべてのものが時間通りに動くのが大好きなんだ。日本のスタッフは絶対に優秀だろうと期待していたし、撮影は順調に進むと思っていたよ。意思の疎通を図る上で、言葉の壁に少し不安はあったけど、そんな心配も無用だった。なんの問題もなく気持ちが通じ合うことができた。予想外のことはなくて、そこが日本のいいところ。期待を裏切らないという意味でね。

――今作が国や文化の壁を超えて多くの人に愛される理由は何だと思いますか?

 カラモ 世界の共通語は「愛」で、誰もが愛を求めている。誰もが愛されたいと思っているし、誰かに存在を認めてもらいたいと思っている。周りから否定的な目で見られているんじゃないか、愛されていないんじゃないか、嫌われているんじゃないかという思いを抱えながら生きている。だからこそ、人に勇気を与える「今のままで十分素敵だ」「みんな君を愛しているよ」と言ってくれる番組にひかれるんじゃないかな。

――みなさんは非常に褒め上手ですよね。

 ジョナサン これまで僕が出会った人たちは、少なくとも僕が知る限り本物の悪人はいないし、何らかの形で通じ合うことができる。ほとんどの話題で根本的に意見が合わない人たちでも、「自信を持ちたい」「気持ちを聞いて欲しい」という思いには共感できるから。自分と違う部分にばかり目を向けるよりも、どこか共感できる部分を見つける方が気持ちが満たされるよね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング