デビュー50周年、細野晴臣が21世紀に残したいもの 水原希子&佑果が語る“細野ワールド”の魅力

映画.com / 2019年11月5日 15時30分

写真

 デビュー50周年を迎えた音楽家・細野晴臣氏の軌跡と創作活動を追ったドキュメンタリー「NO SMOKING」が公開された。はっぴいえんどやYMOでの活動をはじめ、戦後日本の音楽シーンのレジェンドである細野氏の才能とその人物像に迫る貴重な映像が、数々の名曲と共にスクリーンに映し出される、“見て聴く”贅沢な映画だ。本作がお披露目された東京国際映画祭のレッドカーペットを歩いた直後の細野氏と、「私たちは細野さんの追っかけ」と公言する水原希子&佑果姉妹に話を聞いた。(取材・文/編集部 写真/間庭裕基)

--デビュー50周年を記念した六本木ヒルズでの展覧会「細野観光1969-2019」やドキュメンタリー映画公開と、様々な企画が開催されています。

細野 大体こういうことを自分から言い出すことはないので、他人事です。周りの人が楽しそうにやっているのを見て、パンダの気持ちになればいいのかと(笑)。こういうことは続くので、受け入れていくしかない、という思いが強いです。自分では、○周年とかには興味がないですし、50年やったという感慨もないです。いろんなことがあって今に至りますが、これが最後の節目だろう、ここから先は自由だと思っています。

--希子さん、佑果さんのおふたりにとって、細野さんの音楽との出合いとその魅力についてお聞かせください。

希子 10代のときにiTunesやYouTubeでYMOを知って、そこからいろんなことがリンクして。細野さんの音楽を本当に大切に聴くようになったのはこの3年くらいです。プロデュース作も含めて、これも細野さんだったんだ!って、私の好きないろんなジャンルの音楽に細野さんが関わってらして不思議だな、と。一言で言うのは難しいですが、細野さんはいろんなことにチャレンジしていて、自分の中に多面的な部分があって普通だし、いろんな自分がいて正解なんだなと、私自身とリンクしました。そんな風に細野さんの音楽を通して感じることもありますし、自分の大切なときに聴きたくなるような大切な存在です。

佑果 ティン・パン・アレーの世界観に魅力を感じたのが最初です。私はDJをやるので、細野さんのルーツを掘っていけば掘っていくほど、どれだけ日本や世界の音楽界に影響を与えているかということを感じて、本当にリスペクトしかない。こうやってお話できるのも夢みたいです。

--水原姉妹が細野さんの音楽に出合ったように、インターネットのおかげで古い音楽にアクセスしやすくなっています。そういった中で、時代を超えて残っていく音楽とはどのようなものだとお考えになりますか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング