スーパーパワーを持った反抗期少年が大暴れ!「ブライトバーン」主題歌入り予告

映画.com / 2019年11月12日 12時0分

写真

 [映画.com ニュース] 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督が製作を務めた「ブライトバーン 恐怖の拡散者」の新たな予告映像が公開された。全世界で注目を浴びているアーティスト、ビリー・アイリッシュによる主題歌「bad guy」を使用し、楽曲の雰囲気と相まって、不気味な雰囲気が漂う映像になっている。

 子どもができずに悩んでいたトーリ(エリザベス・バンクス)のもとに、ある時、謎めいた赤ちゃんがやってくる。赤ちゃんはブランドンと名づけられ、聡明で才能にあふれ、好奇心旺盛な子どもへと成長。トーリと夫カイル(デビッド・デンマン)にとっても、かけがえのない存在になっていく。しかし、12歳になったブランドンは異常な力を発揮し始め、カンザス州ブライトバーンを恐怖に陥れていく。

 予告映像は、草刈り機の勢いよく回るプロペラ状の刃を、ブランドンが素手で止める衝撃のシーンから始まる。「bad guy」が流れる中、ベッドの上で痙攣(けいれん)を起こすブランドンは、目を赤く光らせ覚醒。何かに気づいたトーリが納屋に行くと、赤い光に包まれ宙に浮くブランドンの姿が。そのほか、ブランドンが怒りに任せ空中から車を落とす様子や、人間ではありえないスピードで容赦なく女性に飛びかかる場面など、反抗期を迎えて大暴れするさまを収めている。

 メガホンをとったデビッド・ヤロベスキー監督は、本作を盛り上げる主題歌について「ビリー・アイリッシュは素晴らしいアーティストで、ポップカルチャーで社会現象となっている。彼女の『bad guy』は映画の核となるコンセプトと呼応して、見る者のダークサイドを包み込んでくれる」と絶賛している。

 「ブライトバーン 恐怖の拡散者」は11月15日から全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング