田中圭、長野五輪の栄光を支えたテストジャンパーに! 「ヒノマルソウル」20年6月公開

映画.com / 2019年11月28日 5時0分

写真

長野五輪のテストジャンパー集合写真

 [映画.com ニュース] 俳優の田中圭が、長野五輪にまつわる感動の実話を映画化する「ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち」に主演することがわかった。「大人ドロップ」などで知られる飯塚健監督がメガホンをとり、2020年6月に公開される。

 1998年の長野五輪、スキージャンプ団体が悲願の金メダルを獲得――この栄光を陰で支えていたのは、25人のテストジャンパーたちの存在だ。田中が演じることになったのは、実在のスキージャンパー・西方仁也(にしかた・じんや)。94年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦で日本代表をけん引するも、エースの原田雅彦のジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野五輪での雪辱を誓うが故障で代表落選。その後、テストジャンパーとなり、日本代表選手たちを裏方として支えた人物として知られている。

 長野五輪に出場した原田選手が、金メダル獲得後のインタビューで語った「俺じゃないよ。みんななんだ。みんな」という言葉は、岡部孝信、斉藤浩哉、船木和喜ら代表選手だけでなく、裏方に徹し日本選手団を支えた親友・西方、そしてテストジャンパーたちに向けられたもの。映画は、金メダルへの強い思いを抱く西方を軸に、手に汗握る団体戦の攻防、吹雪による競技中断、「テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技を再開する」という条件のもとに行われた決死のテストジャンプを、史実に基づいて描き出す。

 田中は「冬は寒いので苦手なのですが、この作品のおかげでワクワクしています。雪山も楽しみです」と胸中を吐露。「みなさんが知っている話の中に、みなさんが知らない人間ドラマが沢山ありました。力をもらえる脚本ですし、撮影が楽しみです。スタッフ・キャスト全員で一丸となって、映画のK点越えを目指していきたいと思います! 楽しみにしていてください! 応援宜しくお願いします!」と意気込みを明かしている。

 「オリンピック22年ぶりの国内開催の年に、オリンピックに関する映画をつくれること、たいへん光栄に思います」と話す飯塚監督。「(本作は)1メートル先も見えない吹雪の中で、バトンを繋ぐように、たすきを繋ぐように、スタートを切ったテストジャンパーたちの物語です。過酷な場所での撮影となりますが、我々チームもそのソウルを見習い、無事に着地を決めたいと思います。また、現場ではお会いしたことがなかった田中圭さんとようやくご一緒できることも、本当に楽しみです。初のセッション、ご期待ください」とアピールしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング