「キングダム」秦国VS合従軍 戦いの開幕告げるメインビジュアル公開

映画.com / 2020年3月8日 7時0分

写真

秦国VS合従軍が火花散らすメインビジュアル! (C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

 [映画.com ニュース] テレビアニメ「キングダム」第3シリーズのメインビジュアル2種が公開された。

 原泰久氏の人気漫画をアニメ化した本シリーズは、天下の大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる若き王・えい政の活躍を描く。第1シリーズが2012年6月~13年2月、第2シリーズが13年6月~14年3月に放送され、第3シリーズでは作品史上最大規模の戦いといわれる「合従(がっしょう)軍編」が展開。軍事最重要拠点のひとつ山陽(さんよう)の攻略に成功した秦国が中華統一へ一歩近づくも、趙国(ちょうこく)の天才軍師・李牧(りぼく)の策によって、楚、趙、魏、燕、韓、斉の6国による合従軍が秦国への侵攻を開始する。

 メインビジュアルは、秦国バージョンと合従軍バージョンの2種があり、2枚を並べると戦いの主戦地・函谷関を背に秦国と合従軍の武将たちが対峙する場面が完成する。秦国バージョンは、剣を構える信をはじめ、えい政、河了貂(かりょうてん)、王賁(おうほん)、蒙恬(もうてん)らが配され、合従軍バージョンは李牧を中心に、楚国の宰相・春申君(しゅんしんくん)、魏の呉鳳明(ごほうめい)、趙の慶舎(けいしゃ)、燕のオルド、韓の成恢(せいかい)らが結集。両陣営とも勇ましい表情を浮かべ、一大決戦を前に闘志をみなぎらせる様子が描かれている。

 原作者・原氏は、「先日、アフレコの現場にもお邪魔したのですが、声優さんたちの熱演でブース内はまさに戦場そのものでした。(そしてしゃべるオギコに笑った。笑)今回アニメで描かれる『合従軍編』、どの武将も想像以上にスタイリッシュ且つ存在感のあるデザインで、これらが戦場で躍動する姿に今から期待感でいっぱいです。そして音楽は、僕が崇拝する『ユニコーンガンダム』の澤野弘之さんに引き受けていただきました! 音楽もすごくて、聞くだけで体温が上昇します(毎日聞きながら原稿執筆しています。)この音楽とアニメーションの融合を早く見たい!」と期待を寄せている。

 また今泉賢一監督は、「原作の中でも最もスケールの大きい『函谷関の攻防戦』のアニメ化ということで、スケールのあまりの大きさに本当に映像化できるのか? と怯みそうになりましたが、スタッフ全員、原作の魅力を映像で表現しようと日々作業に励んでおります」と現場の熱量を明かしている。

 「キングダム」第3シリーズはNHK総合で4月5日深夜12時15分から放送開始。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング