【中国映画コラム】アジア映画の現在と未来!「大阪アジアン映画祭」は、今の日本で最も注目すべき映画祭

映画.com / 2020年3月29日 11時0分

写真

「活弁シネマ倶楽部」もたっぷり語っていただきました!

 [映画.com ニュース] 北米と肩を並べるほどの産業規模となった中国映画市場。注目作が公開されるたび、驚天動地の興行収入をたたき出していますが、皆さんはその実態をしっかりと把握しているでしょうか? 中国最大のSNS「微博(ウェイボー)」のフォロワー数277万人を有する映画ジャーナリスト・徐昊辰(じょ・こうしん)さんに、同市場の“リアル”を聞いていきます!

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

 今回の話題は、3月6日に開幕し、3月15日に閉幕した「第15回大阪アジアン映画祭」。新型コロナウイルスが全世界に感染拡大し、日本では政府の自粛要請を受け、様々な大型イベントが中止、または延期の措置を発表しています。2月末には、大阪のライブハウスで集団感染が発覚。大阪アジアン映画祭の動向は、映画ファンだけでなく、一般の方々からも注目を集めていました。

 「私たちは作り手と観客の触れ合いの場である舞台挨拶、Q&Aなどを割愛し、映画祭本来の願いである“上映”に尽力しました。私たちの力不足をお詫び申し上げます」

 これは「第15回大阪アジアン映画祭」のオープニング上映前、上倉庸敬委員長が述べた言葉です。毎年3月上旬に開催される「大阪アジアン映画祭」は、アジア各国の最新作、新人監督作を中心にラインナップし、海外からの観客も増加している“日本国内最大のアジア映画イベント”に成長しています。新型コロナウイルスの蔓延という非常事態であっても、多くの観客が参加していましたし、改めて同映画祭の底力、そして魅力を感じさせていただきました。

 「大阪アジアンは凄いですね! 平日昼の回でも満席なんて!」

 ある映画関係者が、称賛の言葉を口にしていました。「舞台挨拶、Q&Aの中止」「新型コロナウイルスの感染拡大」という状況にかかわらず、こんなに観客が入るとは――私も正直びっくりしました。同映画祭のプログラミング・ディレクターの暉峻創三さんに話を聞くと「『大阪アジアン映画祭で選ばれた作品だから見に行こう』という観客が年々増えている。これは、大きな財産だと思いますね」と話してくれました。つまり、作品のファンというよりは“映画祭のファン”が育っているという証拠。映画祭が目指すべき最終的な目標であり、映画祭の“DNA”がファンを魅了しているのです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング