日本映画界のスターが怪優・石橋蓮司を囲む! 阪本順治監督「一度も撃ってません」は「宝石箱のような映画」

映画.com / 2020年7月3日 12時0分

写真

 「顔」(00)、「半世界」(19)の阪本順治監督の最新作で、名バイプレイヤー石橋蓮司の18年ぶりとなる主演作となる「一度も撃ってません」が7月3日から公開されている。石橋と阪本監督をはじめ、原田芳雄さんとゆかりのあるキャスト、スタッフが結集した本作は、冴えない小説家と伝説の殺し屋という2つの顔を持つ主人公を描く、ハードボイルドかつ遊び心溢れた大人のおとぎ話。俳優生活65年、映画だけで280本以上(映画.comデータベース収録作品数)の出演作品を誇る怪優・石橋を、大楠道代、岸部一徳、桃井かおり、佐藤浩市、妻夫木聡ら様々な世代の俳優陣が囲む極上のエンタテインメントだ。(取材・文/編集部、撮影/松蔭浩之)

 「大鹿村騒動記」(11)で主演を務めた原田芳雄さんの自宅で本作の企画が持ち上がった。阪本監督は「石橋さんとは5年くらい前から、監督と主演の関係でやってみたいと思っていて。芳雄さんと7本やって、8本目で監督と主演という関係になって、ものすごい変化がありました。僕と作品を背負うというポジションになってくださり、演技の質ということではなく、現場のたたずまいから何からが変わるんです。それがびっくりしたし、初めて芳雄さんの本当の中の中まで手が届いた感じがした。だから、今度は石橋さんの内臓の中まで手を突っ込んでみたい。という、僕の次なるターゲットだった(笑)」と明かす。

 そして、「せっかく蓮司さんとやるのだったら、軽妙にやりたいと思っていて。テーマ的なものはお客さんに見つけてもらえればいい。ある種のおかしみ、それは蓮司さんとだからできると思ったんです」と言うように、酸いも甘いも噛み分け、人生の重みを知る大人たちだからこそ出せる、心地のよい軽さの作品に仕上がった。一方で若い世代の俳優陣の存在感もしっかりと確認できる。「この作品はいわば“蓮司祭”とでもいうのでしょうか。今、蓮司さんとやったことのない俳優は、テレビ、映画含めてほとんどいないと思います。それは、若い俳優さんにとっては、同世代と芝居を交わすより、絶対面白かったと思うんです。それを期待して、寛一郎や柄本佑くんらが1,2シーンでも来てくれ、いつもより張り切ったと思います」

 いぶし銀の魅力あふれる演技で、ダンディかつ、愛すべき哀愁とおかしみを湛えた魅力的な主人公、市川を体現した石橋は「俳優を長くやっていると、監督が円熟していくのがわかるんです。今、絶好のタイミングなのかな、何か見え出しているのかな? と感じます。つまり映画という世界の中で、映画に乗っている時が見えるんです。阪本さんの作品には、ここ2、3作も出させてもらって、昔は本がいまいちだよなんて思ったこともあったけど、やってみると彼は『これを言うべきだよな』『これを見落としてたな』っていうことを映像化して伝えるのがすごくうまい。監督が脚本に立体感を与え、役者も動き出す。それが無駄なく動いている。非常にポイントがいい。そんな円熟の始まりの時にこれをやらせてもらって、とてもよかった」と阪本監督の手腕を評価する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング