インドで話題の10作を上映「インディアンムービーウィーク2020」開催

映画.com / 2020年8月14日 14時0分

写真

話題の10作品を上映

 [映画.com ニュース] 話題のインド映画を上映する、「インディアンムービーウィーク2020」が、9月11日から開催される。このほど、全ラインナップとメインビジュアルが公開された。

 年間2000本超の作品が生まれるインド映画界(※2018年4月1日から2019年3月末日までに中央映画検定局の検閲を受けた長編劇映画作品は55言語2446作品)。主要な地域言語ごとに映画産業があり、異なる作風とスター俳優が存在する。市場としては各言語圏の独立性が高く、複数の映画界が並立しているのがインド映画独特のものといえる。

 「インディアンムービーウィーク2020」では、映画製作が盛んな5つの言語圏(ヒンディー、タミル、テルグ、マラヤーラム、カンナダ)のヒット作、注目作品10作品を日本語字幕付きで上映。ほぼ全作品が日本初上映となる。

 本企画の看板作品となるのは、1950年代から80年代にかけての「映画の都」マドラス(現在のチェンナイ)を舞台に、実在の大女優の一代記を情感豊かに描く「伝説の女優 サーヴィトリ」(ナーグ・アシュウィン監督)。かつての大女優サーヴィトリ(キールティ・スレーシュ)の人生を、サマンタ・アッキネーニ演じる新聞記者が取材を通じて明かしていくという形で展開する。本作はタミル、テルグの2言語で製作され、アシュウィン監督の母語であるテルグ語のバージョンは、主要な映画賞を総なめ。本作のヒットにより、アシュウィン監督は、プラバースとディーピカー・パードゥコーンというビッグスター共演作の監督という大役をまかされることになった。

 その他の作品詳細は以下の通り。「インディアンムービーウィーク2020」は、キネカ大森で9月11日~10月8日、新宿ピカデリーで9月25日~終了日未定。そのほか全国順次開催予定。

▼上映作品ラインナップ

■「無職の大卒」(原題:VelaiillaPattadhari/ 2014年/ タミル語)
監督:ヴェールラージ
出演:ダヌシュ(クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅)、サムドラカニ(カーラ 黒い砦の闘い)、アマラ・ポール(神さまがくれた娘)
※日本初上映

大学で土木工学を学んだラグヴァランは、花形のIT専攻でなかったばかりに職が見つからない。ようやくチャンスを掴むが、大手建設会社の御曹司と対決する。インド映画定番の「職のない若者」をダヌシュが好演した、爽やかで痛快な一作。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング