ディアオ・イーナン監督作「薄氷の殺人」1週間限定上映が決定! 来場者プレゼントも

映画.com / 2020年9月3日 18時0分

写真

来場者プレゼント「オリジナルライター」

 [映画.com ニュース] ディアオ・イーナン監督による5年ぶりの新作「鵞鳥湖の夜」(9月25日公開)の封切りを記念して、長編第3作「薄氷の殺人」が9月18~24日の1週間限定で、新宿シネマカリテ、アップリンク京都で上映されることが決定した。

 「薄氷の殺人」は、第64回ベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞と銀熊賞(男優賞)をダブル受賞したクライムサスペンス。中国北部の地方都市を舞台に、未解決連続殺人事件への関与が疑われる美しき未亡人ウー(グイ・ルンメイ)と、彼女に心奪われていく元刑事ジャン(リャオ・ファン)の運命を描き出している。

 同作は、一見オーソドックスなミステリー劇として進行しながらも、ジャンル映画の枠には収まりきらない異形のスリルをみなぎらせていく。雪に覆われた屋外スケート場などの風景を独特のカメラワークでとらえ、大胆なリズムの編集を施した映像には、そこはかとない虚無感や緊張感が混在。主人公ジャンと“宿命の女”ウーが織りなす、危ういまでに魅惑的なラブストーリーからも目が離せない。

 鑑賞料金は、新宿シネマカリテが一般料金・学生1300円、アップリンク京都が一般料金1300円(その他の料金は各劇場規定通り)。両館ともに、「鵞鳥湖の夜」の前売り券を提示すると、1000円で鑑賞可能だ。また、9月25日以降「鵞鳥湖の夜」鑑賞時に、「薄氷の殺人」の半券を提示すると、「薄氷の殺人」のクリアファイル、「鵞鳥湖の夜」のオリジナルライターがセットでもらえるキャンペーンも実施する(先着順、数量限定)。

 「薄氷の殺人」は、9月18~24日に新宿シネマカリテ、アップリンク京都で上映。タイムスケジュールは、各劇場のHPで確認できる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング