大島優子が魂の叫び 石井裕也監督「人間がタッチしてはいけない領域に到達していた」

映画.com / 2020年9月12日 20時0分

写真

PFFで世界最速上映が行われた

 [映画.com ニュース]若手映画監督の登竜門である第42回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)が9月12日に開幕、オープニング作品である石井裕也監督の「生きちゃった」が上映され、石井監督、出演した仲野太賀、若葉竜也、大島優子によるトークが行われた。

 新作「生きちゃった」は、アジアの俊英が集う国際プロジェクト「B2B(Back to Basics)A Love Supreme(原点回帰、至上の愛)」の1作。ある出来事をきっかけに、予期せぬ未来へと突き進む男女3人を描く。

 幼なじみだった男女3人が大人になり、それぞれの不器用な生きざまを抉るように描き出した石井監督は「あらゆる虚飾みたいなものをひっぺ返して何が残るのか。本質を描くような試みをやってみたかった」「この映画のすごみは俳優の体の迫力と熱気と魂。それがこの作品のポイント」と見どころとともに、「この映画をやろうと決めてからクランクインまで2カ月しかなかった。偶然スケジュールが空いていて、この無謀な試みに賛同してくださった、奇跡的なキャスティング」と俳優陣を紹介した。

 この日、俳優陣に石井監督が質問するという流れでトークが進み、石井監督は、大島が劇中のとある場所で絶叫するシーンについて「大島さんは壮絶な叫びをした。それは何だったのか?」と問いかけた。

 大島は「台本で(叫ぶ)とト書きにあったけれど、持っていく感情がどうなるのかわからないので、撮影前は叫ばないかもしれないと思ったんです。でも、いざ、そのシーンに入った瞬間に、高揚する気持ちと、(役柄の)奈津美として芽生えた恐怖を感じた。奈津美として生きて、腹の底の叫びが自然と出てしまって、言葉にならない叫びになった」と振り返り、「でも、嫌なことがあったときは、私は一人で家で叫んでいます(笑)」とも。

 同シーンについて仲野は「奈津美の人生が全て見て取れるような叫び。大島さんが家であんな叫びをしていたら心配です……。人の人生を見た瞬間だった」「あのシーンは見てはいけないもの。人に見せてはいけないものを大島さんはやってらした」と述べ、石井監督は「人間がタッチしてはいけない領域のような、神というか人知を超えたものを感じた。大島さんはそういうものに到達していた」と感心しきり。

 ふたりの感想に対して大島は、「役者は人に見せちゃいけないものはないと思っています。見せ方というものはあるけれど。奈津美という役を通して信頼関係が生まれたから、爆発したものを出せた」と俳優哲学を語った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング