草なぎ剛×服部樹咲×内田英治監督、唯一無二となった「ミッドナイトスワン」

映画.com / 2020年9月26日 12時0分

写真

 [映画.com ニュース] またひとつ、時代を象徴する映画が誕生し、世に解き放たれようとしている。俊英・内田英治監督(「全裸監督」監督・脚本)が脚本を執筆したオリジナル作品「ミッドナイトスワン」には、国民的アイドルとしてトップを走り続けてきた草なぎ剛が名乗りを上げ、オーディションを勝ち抜いた新人・服部樹咲と撮影現場で真っ向から対峙した。今作を経て、3人はどこへ向かおうとしているのか、話を聞いた。(取材・文/編集部、写真/間庭裕基)

 「下衆の愛」「獣道」「グレイトフルデッド」など意欲作を撮り続けてきた内田監督が、手塩にかけて脚本を執筆した渾身の1作だ。「これまではバイオレンスやスリラーなど、ジャンル系の作品をつくることが多かったんですが、もう少し人間性を描くものをやりたいと思っていたんです。それで、もともと持っていたトランスジェンダーの脚本と、別にあったバレエダンサーの脚本をミックスして書いたのが5年前。それがスタートでしたね」。

 草なぎは、内田監督から送られてきた脚本を読み、出演を即決したようだ。

 「読んだら最高じゃん! って感じでした。最高じゃん! 今じゃん! これをやらないとダメでしょう! むしろやりたい! と思ったんです。すごく感動して、今までにない感情がどんどん溢れ出てきました。最初から、脚本というよりも小説を読んでいる感じだったんです。役についても聞いてはいたのですが、自分の役がどれだか分からなくなるくらいの勢いで読んでしまいました」

 一方、女優デビューとなる服部にとっては、何もかもが初体験。これまでは、バレエ畑をひた走ってきた。平成29年・30年ユースアメリカグランプリ日本ファイナル進出、NBAジュニアバレエコンクール東京2018第1位など、実力も折り紙付きといえる。

 「家でドラマなどを見ていて、自分だったらこう演じたいな、と思うことがあったんです。それからだんだんと女優をやってみたくなって……、そうしたら、この作品のオーディションがあると知って、受けてみようと思ったんです」

 緊張を隠し切れない様子は初々しくもあるが、言葉を絞り出す姿は凛としている。バレエ経験を前提としたオーディションに応募すると、1000通が寄せられた書類審査を経て、約200人が参加した面談を勝ち抜き一果役を得たわけだが、当時は小学6年生だったという。役者にとって、デビュー作と名の付くものは等しく1作品だけということを考えると、服部の今後のキャリアにも大きな影響を与える財産となったはずだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング