【コラム/「賞レースのユクエ」byオスカーノユクエ】「TENET テネット」はアカデミー賞を受賞する? その可能性を紐解く12のデータ

映画.com / 2020年10月3日 12時0分

写真

 クリストファー・ノーラン監督最新作というだけでなく、全米の興行主や映画ファンに救世主のような存在としてアイコン化されているフシのある「TENET テネット」。日本でも「ダンケルク」「インターステラー」を超える大ヒットスタートを切ったが、そうなると次に気になるのはオスカー受賞の可能性についてだ。来年4月に延期された第93回アカデミー賞授賞式は半年も先の話だからまだ気が早いが、ここでは過去のノーラン作品のオスカー実績や作品の評価、興行収入などのデータからオスカー受賞の可能性を検証してみたい。

 長編監督2作目の「メメント」で早くも脚本賞と編集賞にノミネートされて以降、ノーラン作品は早くもアカデミー賞常連となる。「バットマン ビギンズ」で撮影賞、「プレステージ」で撮影賞と美術賞にノミネートされると、ヒーロー映画史を塗り替える傑作「ダークナイト」で助演男優賞ほか計8部門の大量ノミネートを勝ち取った。結果、これまでの監督作10本の中で、1部門もノミネートされていないのは「フォロウイング」「インソムニア」「ダークナイト ライジング」の3本のみ。70%の確率で何らかの部門でノミネートされる計算だ。もっとも、「バットマン ビギンズ」以降の7作品を対象にすれば、ノミネート確率は85%にハネ上がる。

 ドキュメンタリー映画「ようこそ映画音響の世界へ」を観るとあらためて思い知らされるが、映画にとって音響は不可欠で最重要な要素と言える。おそらくノーラン監督もその重要性を誰よりも認識していて、監督作での音作りにはこだわりが貫かれている。大作路線が固定化された「ダークナイト」以降の5作品中、実に4作品で録音・音響編集の両部門にノミネートされ、計5部門で受賞している。「TENET テネット」もこれまでと同じチームが音響を担当しており、現時点では受賞の最有力候補と言って間違いないだろう。

 IMAXカメラでの撮影に代表されるように、とにかく映像にこだわり抜くのがノーラン流。近年のアカデミー賞撮影賞部門は技術的な革新をもたらした作品が好まれる傾向が強く、ノーラン作品も「インセプション」で受賞を果たしている。「ダークナイト ライジング」までタッグを組んだ盟友ウォリー・フィスターが監督に転向してからは、「ぼくのエリ 200歳の少女」で注目されたスウェーデンの名手ホイテ・ヴァン・ホイテマと新コンビ結成。そのホイテマもコンビ2作目となる前作「ダンケルク」で初ノミネート。ホイテマによれば、過去最高となる49万メートルものIMAXフィルムを使っただけでなく、逆行シーンを生み出すために新たなIMAXカメラを開発したというから、映像へのこだわりは過去作以上。セオリー通りならノミネートの可能性は高い。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング