役所広司、アンバサダーを引き受けた東京国際映画祭に願うこと

映画.com / 2020年10月23日 12時0分

写真

 日本映画界を代表する俳優・役所広司が、第33回東京国際映画祭(10月31日~11月9日)のアンバサダーに就任した。毎年のように出演作が上映され、2年前の第31回では「映画俳優 役所広司」が特集企画され、好評を博した。役所が今回のオファーを受けた理由とともに、同映画祭への思いを語った。

 「恐らくコロナ禍でなければ、僕にお話はなかったと思う。いつもは美しい女優さんたちが花を添えていたポジションですからね」と朗らかに笑う役所。そして、「そういう意味では『どうなんだろう?』と迷いましたが、こんな時だからこそ僕でも力になれることがあれば、という思いでお受けすることにしました」と明かす。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、各国の映画祭がオンラインでの開催なども選択肢に入れ始めているなか、東京国際映画祭は劇場での上映にこだわる。ただ、「インターナショナル・コンペティション」「アジアの未来」「日本映画スプラッシュ」の3部門を統合。「TOKYOプレミア2020」と名を変え、32本(アジア12本、日本10本、その他地域10本)を上映する。

 役所「東京国際映画祭の劇場で上映するという決断、これは映画ファンにとっては非常にありがたいことだと思います。それに、映画祭の目的のひとつでもある、映画人たちとの交流というものも、リモートでは互いの連帯感を深めるのはなかなか難しいと思いますしね」。

 第31回の特集企画だけでなく、過去をさかのぼってみても、クロージング作品として「清須会議」が上映された第26回では、オープニングのグリーンカーペット(当時)で三谷幸喜監督、「キャプテン・フィリップス」のポール・グリーングラス監督、主演のトム・ハンクスと談笑する姿が確認されている。第10回では「CURE」で主演男優賞、第24回では「キツツキと雨」が審査員特別賞を受賞している。

 「僕が参加した作品を、世界中で最も上映してくれた映画祭じゃないでしょうか。僕が参加した監督たちの特集もたくさんやられていますし、そういう意味では国内外に向けて役者として紹介してくれた育ての親みたいな映画祭だと思います。まだ33回目ですから、世界の名だたる映画祭からすれば若いですよ。世界中の映画ファンや映画人たちから尊敬される映画祭に育ってくれるといいなあと思いますね」。

 世界中の大小さまざまな映画祭に参加してきた役所だからこそ、世界になくて本映画祭にしかないものが見えているのではないだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング