小栗旬×星野源 表現者としての矜持に迫る

映画.com / 2020年10月30日 9時0分

写真

 いまから35年以上も前、食品会社6社を標的とし、日本中を震撼させた企業脅迫事件は、昭和史における衝撃の未解決事件として未だに多くの人々の記憶に居座り続けている。この事件を題材にした塩田武士氏の小説を映画化するという意欲的な企画で、小栗旬と星野源は真っ向から対峙。映画.comでは、穏やかな眼差しを注ぐふたりに取材を敢行し、“表現者”としての矜持に迫った。(取材・文/編集部、写真/間庭裕基)

 今作は2016年の「週刊文春」ミステリーベスト10の国内部門で第1位を獲得するなど絶賛評が相次いだが、それは塩田氏の綿密な取材と着想が絡み合うことで、事件の真相が「本当にそうだったのではないか?」と思わせてしまうほどリアリティに溢れていたからに他ならない。誘拐、身代金要求、毒物混入など数々の卑劣な犯罪を繰り返すとともに、警察やマスコミを挑発し、最終的に忽然と姿を消した犯人グループは、身代金受け渡しの指示書代わりに子どもの声が入った録音テープを実際に使用している。一説には3人の子どもが関わったとされているが、今作ではこの劇場型犯罪に“声”として加担することになった子どもたちがその後、どのような人生を歩んだのか……、という疑問にも仮説を立てている。

 同事件が発生した1984~85年当時、小栗は1歳半、星野は3歳だったため、記憶にはないという。

 小栗「全然記憶にないです。ただ小学生くらいの頃、『あの事件はいま』みたいな感じの番組で時々特集されていたんですね。事件がまだ時効を迎えていませんでしたから。それを見て、キツネ目の男というものに衝撃を受けたというか、適切な表現か分かりませんが嫌な顔だなあと、子どもながらに感じたことは覚えています」
星野「僕も全く記憶になくて、同じように特別番組で見たことは覚えています。怖かったですし、劇場型犯罪というんですか、テレビ映えする感じの取り上げられ方だったこともあり、トラウマっぽく残っているという感じでしょうか」

 映画は、大日新聞・文化部記者の阿久津英士(小栗)が時効になった未解決事件を追う社会部の特別企画班に組み込まれ、取材を重ねる毎日を過ごす一方、京都でテーラーを営む曽根俊也(星野)は家族と幸せに暮らしていたが、父の遺品の中から古いカセットテープと手帳を見つける。「俺の声だ……」。それは、あの未解決事件で犯人グループが身代金の受け渡しに使用した脅迫テープの声と全く同じだった。やがて運命に導かれるように2人は出会い、ある大きな決断へと向かう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング