シャルロット・ゲンズブールがジェーン・バーキンのドキュメンタリーを製作

映画.com / 2020年10月30日 13時30分

写真

母娘のツーショット Photo by Dominique Charriau/WireImage

 仏女優のシャルロット・ゲンズブールが、ジェーン・バーキンのドキュメンタリーを製作したとブルターニュ地方の日刊紙ル・テレグラムが報じた。

 英国出身のバーキンは、歌手、女優として1960年代からフランスでも活躍。シャルロットは、仏映画「スローガン」(68)で共演したアーティストのセルジュ・ゲンズブールとの間に生まれた。

 ドキュメンタリーの撮影はバーキンの父の縁の地で、家族の思い出の場所でもあるという、イギリス海峡に面したフィニステール北部の街で行われた。同紙の取材に応じたゲンズブールは、本企画が3年前にスタートし、ニューヨーク、パリ、日本でも撮影を敢行。その後、住まいのあるパリで、夫である映画監督のイバン・アタルと共に映画を完成させたと話している。公開時期などは不明。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング