ゼンデイヤ×J・D・ワシントン共演のラブストーリー、賞レース参戦へ 21年2月5日配信開始

映画.com / 2020年11月24日 11時0分

写真

賞レースに参戦 DOMINIC MILLER/NETFLIX (C)2021

 ゼンデイヤ(「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」)とジョン・デビッド・ワシントン(「TENET テネット」)が共演した「マルコム&マリー(原題)」が、賞レースへの参戦を視野に入れた2021年2月5日にNetflixで配信開始されることがわかった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

 同作は、9月のトロント国際映画祭で上映され、Netflixが3000万ドルで獲得したモノクロ映画。映画作家のマルコム(ワシントン)と恋人のマリー(ゼンデイヤ)が、映画のプレミア試写会後に互いの過去の恋愛について話し合うさまを描いた。

 監督・脚本は、ゼンデイヤが史上最年少で第72回エミー賞の主演女優賞(ドラマシリーズ部門)に輝いた「ユーフォリア EUPHORIA」で企画、脚本、制作総指揮を務めたサム・レビンソン。ゼンデイヤとワシントンは製作総指揮にも名を連ねている。

 Netflixは、全米俳優組合(SAG)賞へのノミネーションが締め切られる11月20日を目前に同作の配信日を21年2月5日に決定しており、今後は米アカデミー賞に向けて本格的なキャンペーンを展開するものとみられている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング