山崎賢人が命懸けの“げぇむ”おにごっこに挑む 「今際の国のアリス」本編映像

映画.com / 2020年11月25日 8時0分

写真

12月10日からNetflixで全世界独占配信 (C)麻生羽呂・小学館/ROBOT

 山崎賢人と土屋太鳳が主演を務め、佐藤信介監督がメガホンをとるNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」の本編映像の一部が、公式YouTube(https://youtu.be/e3hiqhhgPsk)で披露された。命をかけた“げぇむ”のうちの一つ「おにごっこ」のシーンを収めている。

 原作は2010年から16年まで「週刊少年サンデーS」「週刊少年サンデー」(小学館)にて連載された、麻生羽呂氏によるサバイバルサスペンスコミック(全18巻)。人生に夢を見出せず曖昧に生きてきたアリス(山崎)と、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギ(土屋)が、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で共に信頼を築き、生き延びるために理不尽な現実に挑む姿を壮大なスケールで描く。

 今際の国で生き延びるためのルールはただ一つ、命をかけた“げぇむ”に勝つこと。“げぇむ”には、トランプのカードによって難易度やタイプが存在し、今回解禁となった「おにごっこ」の難易度は、体力勝負の肉体型であるスペードの5に設置されている。

 「おにごっこ」は、“おに”から逃げながら、マンションの中でひとつだけ鍵のかかっていない部屋にあるスイッチを押すとクリアとなる。参加したアリスが通路を歩いていると突如銃声が響き、男性の死体を見つける。さらに、馬のマスクを被り、サブマシンガンを持った謎の人物が現れて……。頭脳も肉体もフル稼働しなければ立ち向かうことができない“げぇむ”の過酷さが伝わる映像となっている。

 「今際の国のアリス」は、12月10日からNetflixで全世界独占配信。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング