スティーブン・ユァン主演作、森山未來の監督デビュー作も! ショートフィルム7作品、1月7日まで無料配信

映画.com / 2020年12月28日 13時0分

写真

ユーザーのリクエスト作品も続々!

 ショートフィルム専門のオンラインシアター「ブリリアショートショートシアターオンライン(BSSTO)」が、本日12月26日~2021年1月7日に、ショートフィルム7作品を一挙配信することがわかった。ドラマ「ウォーキング・デッド」のスティーブン・ユァンが主演する「頑固者」、森山未來が監督デビューを飾り、石橋静河が共演した「Delivery Health」などがラインナップされている。

 まずは、「ミナリ」でアジア系アメリカ人として初の米アカデミー賞主演男優賞ノミネートに期待がかかるユァンが、幼い息子から引き離された若い父親を演じる「頑固者」。子どもの母親である元恋人が、自分をSNSでブロックしていたことに気付き、息子を連れ去ろうとする物語。

 森山が初監督と出演を果たした「Delivery Health」は、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2020」のジャパン部門にノミネートされた作品。色とりどりの欲望が渦巻く街・渋谷で、風俗嬢として働く女性がホテルを訪ね、ある男と出会う。ふたりのぎこちない会話は、やがて歌と踊りに発展していく。

 さらに、ユーザーからのリクエストをもとにアンコール配信作品をセレクト。雪だるまを作るため、父親の助けを求める8歳の少年ジャンを描く「スノーマン」(ノルウェー)。6歳の少女アグネスが、大好きなお兄ちゃんを、家に遊びに来たガールフレンドに奪われないよう奮闘する「アグネス」(スウェーデン)。小さなキャンピングカーで暮らす、8歳のジェスと失意のどん底にある父が、トランスジェンダーの友人ができたことで救いを見出す「窓から見える世界」(ニュージーランド)。水槽の外の美しい世界に憧れる小さな魚の物語「エサ」(韓国)。末期がんに侵された妻の願いにより、ツチノコを探す夫婦を描いた「エヴリタイム・ウィー・セイ・グッドバイ」(日本)。世界各国の作品が選ばれており、世界旅行気分を味わえるようなラインナップとなっている。

 ショートフィルム7作品は、本日12月26日~21年1月7日に「BSSTO」(https://sst-online.jp/)で配信。同サイトの会員登録をすれば、無料で視聴することができる。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング