【全米映画ランキング】「ワンダーウーマン 1984」がV トム・ハンクス主演作が2位デビュー

映画.com / 2020年12月29日 19時0分

写真

「ワンダーウーマン 1984」 (C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

 クリスマスを迎えた全米ボックスオフィス。コロナ・パンデミックにより約40%の劇場しか営業していない状態が続く中、4本の新作がランクインした先週末は、ワーナー/DCコミックスの大ヒットアクションの続編「ワンダーウーマン 1984」が約1670万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たした。

 1984年を舞台にスミソニアン博物館勤務の考古学者ダイアナ(=ワンダーウーマン)と、世界征服を企む実業家マックスや半獣半人のチーターとの死闘が描かれる同作。当初はサマーシーズンの6月に公開予定だったがコロナ・パンデミックにより10月に変更されるも、同じワーナー・ブラザース(以下WB)配給の「TENET テネット」の成績が伸び悩んだため再び延期され、クリスマスにようやく公開となった。WBの親会社ワーナーメディアの方針により、劇場公開と同時に同グループの肝いりの動画配信サービス「HBO Max」でも配信が開始されている。

 主人公ダイアナ=ワンダーウーマン役はガル・ギャドットが続投。クリス・パイン、ロビン・ライト、コニー・ニールセンらも再出演し、新たに敵役としてペドロ・パスカル(=マックス)、クリステン・ウィグ(=チーター)が参加した。メガホンをとったのは前作同様パティ・ジェンキンス。

 約240万ドルのオープニング興収で2位デビューとなったのは、ポーレット・ジルズ原作の同名ベストセラー小説を「キャプテン・フィリップス」のコンビ、トム・ハンクス&ポール・グリーングラス監督が映画化した西部劇「News of the World」。南北戦争が終わり5年が経った1870年の米南西部を舞台に、ニュースを読む仕事をしながら地方回りを続けている退役軍人(ハンクス)とネイティブアメリカンのカイオワ族に育てられ英語を話せない10才の白人少女との交流が描かれる。元々はフォックスで製作・配給される予定だったが、フォックスがディズニーに買収されたことにより一時頓挫しかけるも、ユニバーサルが企画ごと買い取り、製作・配給を引き継いだ。ハンクスは今年3月にコロナに感染し、脚本・主演を担当した海洋アクション大作「グレイハウンド」が6月に公開予定だったが、劇場公開が見送られ配信のみになるなど、コロナに苦しめられた1年だったが、今作はなんとか劇場公開に漕ぎ着けた。

 3位は公開5週目のドリームワークス・アニメ「The Croods: A New Age」で累計は3000万ドルに到達。前週首位デビューを飾ったミラ・ジョボビッチ主演のアクション・ファンタジー「モンスターハンター」は約110万ドルの興収であっさり首位から陥落し4位に。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング