ハリー・スタイルズ&オリビア・ワイルド熱愛か 手つなぎ姿をキャッチ

映画.com / 2021年1月5日 19時10分

写真

撮影を通して急接近か Photo by Dia Dipasupil/Getty Images Photo by Rachel Murray/Getty Images

 歌手で俳優のハリー・スタイルズが、オリビア・ワイルドと手をつないでいる姿がキャッチされた。スタイルズは、ワイルドが監督を務める新作「Don't Worry Darling(原題)」に出演しており、ふたりは撮影を通して急接近したものとみられている。

 スタイルズは1月3日(現地時間)、米カリフォルニア・モンテシートのサン・イシドロ・ランチで行われた自身のエージェントの結婚式に、ワイルドとともに出席した。英デイリー・メール紙によれば、スタイルズはワイルドをガールフレンドとして紹介。ふたりは人目をはばからずに手をつなぎ、キスを交わしていたという。その翌日、ふたりがモンテシートでドライブを楽しんだあと、ロサンゼルスにあるスタイルズの自宅に帰る様子も目撃されている。

 昨秋に開始された「Don't Worry Darling(原題)」の撮影中、スタイルズはパームスプリングにあるジェームズ・コーデンの家に滞在。ある関係者は、スタイルズとワイルドはこの家でデートを重ね、誰にも知られずに関係を育んだと明かしている。

 現在26歳のスタイルズは、過去に「ビクトリアズ・シークレット」のモデルであるカミーユ・ロウ、ロンドンのシェフでブロガーのテス・ワード、ポルトガル人モデルのサラ・サンパイオらとの交際が報じられている。一方で、36歳のワイルドは、20年初めにジェイソン・サダイキスとの7年にわたる婚約を解消した。

 「Don't Worry Darling(原題)」は、1950年代の米カリフォルニアを舞台に、世間から隔絶されたユートピア的コミュニティに暮らす専業主婦の平穏な日常が徐々に崩壊していくさまを、#TimesUp運動の視点で描く心理スリラー。問題行動により解雇されたシャイア・ラブーフの代役として、スタイルズが出演し、フローレンス・ピュー、クリス・パイン、ダコタ・ジョンソンらが共演する。

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング