【全米映画ランキング】「ワンダーウーマン 1984」が3週連続の首位に

映画.com / 2021年1月12日 18時0分

写真

3週連続首位 (C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

 先週末の全米ボックスオフィスは、昨年クリスマスに公開されたワーナー/DCコミックスの「ワンダーウーマン 1984」が約300万ドルの興収で首位を守り、V3を果たした。

 コロナパンデミックにより北米の劇場の約6割が閉鎖されているなか、同作の累計興収は3000万ドル超を記録。最終的な興収は4000万ドル近辺になると見られている。2017年公開の第1作「ワンダーウーマン」の北米での最終興収は約4億1300万ドルで、単純に比較すると約10分の1の興収になるが、ワーナーは第2作の公開がコロナ下であることを踏まえて、第3弾の製作とパティ・ジェンキンス監督と主演ガル・ガドットの続投を早々に発表している。

 2位も先週と変わらず、公開7週目のドリームワークス・アニメ「The Croods: A New Age」で、累計は約3690万ドルに。北米以外ではネットフリックスで配信されることが決まっているトム・ハンクス&ポール・グリーングラス監督による西部劇「News of the World」は再び3位に入った。

 4位から8位まで順位に変動はなく、9位には昨年のハロウィーン合わせで公開された「Come Play」が再ランクインした。その他、ユニバーサルの大ヒット作「ジュラシック・ワールド」(2015)が約80の劇場でリバイバル上映されたが、圏外デビューとなった。

 今週末は、リーアム・ニーソンと「人生の特等席」のロバート・ローレンツ監督がタッグを組んだアクションドラマ「The Marksman」が公開となる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング