シュワ息子が体現した“得体の知れない”空想上の親友 「ダニエル」不気味な新カット入手

映画.com / 2021年1月20日 13時0分

写真

 アーノルド・シュワルツェネッガーの息子パトリック・シュワルツェネッガーと、ティム・ロビンス&スーザン・サランドンの息子マイルズ・ロビンスが共演した映画「ダニエル」の新場面写真を、映画.comが独占入手した。

 イライジャ・ウッドが製作を務めた本作は、心に傷を抱えた青年と、圧倒的カリスマ性を持つ妖しくも美しい“空想上の親友(イマジナリー・フレンド)”の関係を描いたスリラー。両親の離婚により暗い幼少期を過ごしていたルーク(マイルズ・ロビンス)の支えは、ダニエル(パトリック・シュワルツェネッガー)という自分以外には見えない親友の存在だった。ある事件をきっかけにダニエルを封印したルークだったが、時が経ち不安と孤独に苛まれ、長年の封印から彼を呼び戻す。やがてルークの人生は順調に進み始め、いつしかダニエルを必要としなくなっていった。しかし、ダニエルはそれを許さず、次第にルークを支配しようと動き出す。

 場面写真がとらえているのは、笑顔に反して、どこか“不気味さ”をにじませているダニエルの姿。劇中では、彼の視線や佇まい、ひとつひとつの細かい動きが物語に緊張感を与えている。パトリック・シュワルツェネッガーは、この“得体の知れない”存在感を放つダニエルを演じるにあたり、自ら積極的に役作りに励んでいたという。

 アダム・エジプト・モーティマー監督は「私がパトリックのことで気に入ったのは、彼がダニエルの外見について提案してくれたことです。彼はダニエルを“何かの生き物”であることを意識して、キャラクターを作ってくれました」と説明。ダニエルを演じるには“自由である”ことがキーになると確信していたようで「撮影初日、テイクの途中で私はパトリックに踊るように言いました。パトリックはその意味を理解するのに一瞬時間がかかったのですが、ダニエルは想像上の人物であり、それゆえに完全に解放された自由なキャラクターであることに気づいてくれました」と振り返る。

 モーティマー監督「するとパトリックは、楽しくスタイリッシュで、アナーキストな動きを始めてくれたのです。そして完全に解放されたようでした。撮影を進めていくうちに、ダニエルはどんどん実験的で遊び心のあるキャラクターになっていき、地に足の着いた人間的なキャラクターでは決して出来ないような瞬間を生み出していくのがわかりました」

 「ダニエル」は、2月5日から東京・新宿武蔵野館、渋谷パルコ8F WHITE CINE QUINTO、グランドシネマサンシャインほか全国公開。R15+指定。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング