新カップルも誕生! 映画から生まれたリアル・ラブストーリー

映画.com / 2021年1月26日 14時0分

写真

Photo by Neilson Barnard/Getty Images

 年明け早々、「愛の不時着」のヒョンビンとソン・イェジンの熱愛が発覚し、巷は大盛り上がり! 共演がきっかけでスター同士が結ばれると、エンドロール後も“物語”が続いていくようで、なんだかうれしくなります。

 ハリウッドでも「Don't Worry Darling(原題)」の撮影で距離を縮めたオリビア・ワイルドとハリー・スタイルズが、手繋ぎ姿をパパラッチされ、交際が発覚! さらに、「ミッション:インポッシブル7(仮題)」を撮影中のトム・クルーズも、20歳下の共演者ヘイリー・アトウェルと交際説が浮上するなど、新カップルに注目が集まっています。

 そこで、恋人役・夫婦役を演じてプライベートでも恋に落ちた歴代カップルをプレイバック! 袂を分かつ結果になったカップルもいますが、ふたりが最高のケミストリーを生んだ共演作は一見の価値あり。ピックアップしたほとんどの作品は配信で見られますので(21年1月25日現在)、ぜひチェックしてみてください!

★ルーニー・マーラ×ホアキン・フェニックス
「her 世界でひとつの彼女」(2013年製作)

 本作の撮影で出会ったフェニックスとマーラ。劇中では、すれ違いの積み重ねから別離する夫婦役を演じ、切なくも美しい“愛の形”を提示してくれました。この時は恋愛関係には発展しなかったものの、「マグダラのマリア」での再共演をきっかけに交際がささやかれるように。ふたりはフェニックスの主演映画「ドント・ウォーリー」でも共演。その後も順調に愛を深め、17年頃から同棲を開始しました。19年に婚約を発表すると、翌年に第1子を妊娠していることが発覚。昨年9月に誕生した男児は、フェニックスの兄リバー・フェニックスの名前から「リバー」と名付けられ、映画ファンの胸を熱くしました。

≫作品情報をチェック!

★ルーシー・ボーイントン×ラミ・マレック
「ボヘミアン・ラプソディ」(2018年製作)

 フレディ・マーキュリー役でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックは、メアリー役のルーシー・ボーイントンと私生活でも親密な関係に。日本を初め世界中を熱狂の渦に巻き込んだ大ヒット作だけに、交際発覚時はその恋の行方に注目が集まりました。そんなふたりは、今もつつがなく愛を育んでいる様子。デート現場をパパラッチされるたびにリンクコーデが話題になり、おしゃれカップルとしても人気を呼んでいます。マレックは新作「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」でボンドの最強の敵役に抜擢されるなど、公私ともに充実!

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング