1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

【国内映画ランキング】「花束みたいな恋をした」初登場1位を獲得!

映画.com / 2021年2月2日 6時0分

写真

首位を奪取! (C)2021「花束みたいな恋をした」製作委員会

 1月30~31日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。今週の動員ランキングは、「花束みたいな恋をした」(東京テアトル/リトル・モア)が土日2日間で動員13万3000人、興収1億9100万円をあげ初登場1位に輝いた。

 20代のカップルや女性グループを中心に集客し、初日から3日間の累計では、動員18万4000人、興収2億6000万円を超える好スタートとなっている。「東京ラブストーリー」「カルテット」などこれまで数多くのヒットドラマを手掛けてきた脚本家・坂元裕二による東京を舞台にしたラブストーリーを、菅田将暉、有村架純の主演で描く。監督は「罪の声」「映画 ビリギャル」の土井裕泰。

 公開から16週目を迎えた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(東宝/アニプレックス)は、土日2日間で動員10万5000人、興収1億6900万円をあげ2位にランクイン。累計では動員2688万人、興収368億円を突破した。

 3位は累計で興収12億円を突破した「銀魂 THE FINAL」(ワーナー)、4位は興収17億円を突破した「映画 えんとつ町のプペル」(東宝/吉本興業)となっており、2位から4位は先週の1位から3位がそのままスライドする結果となった。

 5位には新作「ヤクザと家族 The Family」(KADOKAWA/スターサンズ)がランクイン。「新聞記者」の藤井道人監督が脚本も担当し「変わりゆく時代の中で排除されていく”ヤクザ”という存在を、抗争という目線からではなく、家族の目線から描いた」と語るオリジナル作品。今回初のヤクザ役となる綾野剛、43年ぶりにヤクザを演じる舘ひろしの初共演、市原隼人、磯村優斗らの豪華キャストで描く。

 6位にも新作「名も無き世界のエンドロール」(エイベックス・ピクチャーズ)が初登場。2012年「小説すばる新人賞」を受賞した行成薫による同名小説を、岩田剛典と新田真剣佑の初共演、「累 かさね」の佐藤祐市のメガホンで実写映画化したサスペンスエンターテインメント。

 既存作品では、8位の「約束のネバーランド」(東宝)が累計で動員140万人、興収18億円、10位の「新解釈・三國志」(東宝)が動員282万人、興収38億円を突破した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング