とよはし映画祭2021、オンラインで3月開催 「愛のむきだし」「望み」「百円の恋」など上映作品発表

映画.com / 2021年2月16日 15時0分

写真

「百円の恋」 (C)2014 東映ビデオ

 愛知・豊橋市で開催されてきた「ええじゃないか とよはし映画祭」が、2021年はオンラインでの開催となり、3月12~14日に配信されることが決定した。本映画祭のディレクターを務めてきた園子温監督の「愛のむきだし」、堤幸彦監督の「望み」、第39回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞、最優秀脚本賞を受賞した「百円の恋」などが上映され、ゲストによるトークも予定されている。

 「ええじゃないか とよはし映画祭」は20年3月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止を余儀なくされた。20年のコンセプト「OPEN THE DOOR」をさらに進めた「OPEN THE DOOR TO A NEW WORLD アタラシイ世界へ」を掲げる21年は、ウィズコロナ時代のニューノーマルに対応し、オンライン映画祭という形に挑戦。オンラインでつながった全国の参加者の“新たな扉”を開き、新しい世界へ通じる、刺激的な映画祭を目指す。

 本映画祭の特徴である、「全上映でのゲスト登壇」の取り組みは、オンラインでも踏襲され、上映に合わせ、園監督や堤監督によるトークが予定されている。そのほか、本広克行監督と小川紗良がタッグを組んだ「ビューティフルドリーマー ディレクターズカット編」、「ミッドナイトスワン」の内田英治がメガホンをとり、伊藤沙莉が主演した「獣道」、19年の本映画祭のコンペティション部門でグランプリを獲得した「向こうの家」の上映とトークをラインナップ。また佐藤祐市監督による青春カーリングムービー「シムソンズ」のデジタルリマスターが、オンラインで初上映される。現時点でトークゲストは発表されておらず、続報に期待が高まる。

 またコンペ部門は、20年の映画祭で一次審査を通過していた11作品が対象となる。グランプリ、とよはし未来賞(審査員特別賞)、観客賞の受賞作品は、3月14日に生配信されるクロージングセレモニーで発表される。

 「ええじゃないか とよはし映画祭2021」は、3月12日~14日にオンラインで開催。作品上映は12日午後6時~14日午後6時の48時間で行われ、オープニングセレモニーとクロージングセレモニーも予定されている。オンライン上映の申し込み受付は、2月20日正午から開始され、チケット1枚(1000円)で、招待作品1作品+トーク、ショートフィルムセレクション2作品+トーク、コンペ部門の全11作品を視聴可能。上映スケジュールやチケット情報などの詳細は、公式サイト(http://etff.jp/)で確認できる。招待作品とトークタイトル、ショートフィルムセレクション、コンペ部門の作品一覧は、以下の通り。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング