1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

【中国映画コラム】ベルリン国際映画祭で注目したアジア映画を紹介 濱口竜介監督「偶然と想像」中国での評価は?

映画.com / 2021年3月24日 15時0分

写真

「Day Is Done」 (C)RENCai

 北米と肩を並べるほどの産業規模となった中国映画市場。注目作が公開されるたび、驚天動地の興行収入をたたき出していますが、皆さんはその実態をしっかりと把握しているでしょうか? 中国最大のSNS「微博(ウェイボー)」のフォロワー数279万人を有する映画ジャーナリスト・徐昊辰(じょ・こうしん)さんに、同市場の“リアル”を聞いていきます!

 2020年、新型コロナウイルス感染拡大によって、世界中の映画祭が深刻な影響を受けました。カンヌ国際映画祭は通常開催を断念(「オフィシャル・セレクション2020」と題したラインナップを発表)、トロント国際映画祭はオンライン開催に切り替え、ベネチア国際映画祭、東京国際映画祭はフィジカルな開催を実現させながらも規模を縮小。華やかな映画祭の風景は、いつ戻ってくるのか――その先行きは、いまだに見えない状況です。

 第71回ベルリン国際映画祭は、2回に分けた開催という決断を下しました。3月1日から5日にわたり、プレスやバイヤー向けにオンラインで実施。コロナを巡る状況が落ち着けば、6月に2回目の開催。こちらは一般観客向けのフィジカルな開催となる予定です。

 今回は、初めてオンライン開催に踏み切ったベルリン国際映画祭の様子を紹介しつつ、注目した中華圏の映画を紹介させていただきます!

 世界3大映画祭初のオンライン開催は、業界内部でかなり話題になっていました。私も5日間の日程で、コンペティション部門13本、特別招待部門4本のほか、短編作品を含めた合計23本を拝見させていただきました。日程の後半はほとんど体力勝負……(笑)。しかし、全体的に話題作が多く、非常に楽しむことができました。

 3月5日、受賞結果はオンラインで発表されました。金熊賞に輝いたのは、ルーマニアのラドゥ・ジュード監督作「Bad Luck Banging or Loony Porn」でしたね。賛否両論ありましたが、第70回ベルリン国際映画祭フォーラム部門で上映された「Uppercase Print」の実験的映像に続き、ジュード監督はまたもや“破壊力満載”の映像を見せつけてくれました。冒頭のアダルトビデオに匹敵するシーンを、コロナの時代に流す――この事自体が、歴史に残る試みだったと言えるでしょう。

 濱口竜介監督の新作「偶然と想像」は、銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞しました。濱口監督初のオムニバス作品は、多くのジャーナリスト、評論家から絶賛されています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング