1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

【ホラー映画コラム】「心霊」日本を代表する怪談の語り手が手掛けた、それぞれ全く毛色が異なり、いずれも強烈で見ごたえのあるオムニバスホラー

映画.com / 2021年3月27日 20時0分

写真

「心霊2」より

 Twitterのホラー界隈で知らぬ者はいない人間食べ食べカエル氏(@TABECHAUYO)によるホラー映画コラム「人間食べ食べカエル テラー小屋」では、“人喰いツイッタラー”が、ホラー映画専門の動画配信サービス「OSOREZONE」の配信中のオススメ作品を厳選し、その見どころを語り尽くす! 今回は、日本を代表する怪談の語り手・稲川淳二が手掛けた、強烈で見ごたえのあるオムニバスホラー「心霊」をご紹介。

 稲川淳二さんといえば日本を代表する怪談の語り手である。背筋の凍る話を、声の強弱とスピードの緩急を巧みに使い分けながら、恐ろしさを何倍も増幅して観客の耳に届けてくれる。そんな彼が、実は過去に映像作品も手掛けていたのはご存じだろうか。今回紹介するのは、稲川さんが一部監督を務め、更に本人も劇中に登場したホラーシリーズの一作、その名もズバリ「心霊」(なんて分かりやすいタイトル!)だ。本作は3篇の独立した物語からなるオムニバスホラーである。それぞれ全く毛色が異なり、いずれも強烈で見ごたえのある作りとなっている。それぞれのエピソードごとにその魅力を書いていく。

 最初のエピソードは「旧日本軍の病院」。一目見て「ああ、霊が出るな」と分かる素晴らしいタイトルだ。新米看護師が勤務する古びた病院には、ある恐ろしい噂があった……。曰く付きの病院を舞台にした王道ホラーストーリー。なんといっても病院のセットが素晴らしい。古く粗い画質も相まって、夜の病院の禍々しい雰囲気がこれでもかと画面から滲み出ている。あの押しつぶされそうな闇が広がる廊下を、たった一人で見回りしないといけないなんて無理だ……。不穏極まりない画作りで、何も起きていなくても恐怖心が全開で煽られる。そして案の定、看護師が恐ろしい目に遭うのだが、この恐怖体験が想像の斜め上を行くぶっ飛びっぷり! 「グレイブ・エンカウンターズ」のような、時空すらも捻じ曲げるエクストリームすぎる怨念の大暴れが凄すぎて、後半は面白さが恐怖を上回り、観ている間ずっと笑っていた。感情をメチャクチャに揺さぶってくるパワーたっぷりの仕上がり。一発目のスタートダッシュに相応しいエピソードである。

 その勢いに続くのが第2話「サーファーの死」だ。海に遊びに来た若者たちがサーフィンを楽しむが、そのうちの1人が溺死する。その死体はあまりに異様で……。1話目と打って変わって、最後の方までこれといったことは起きず、不穏な空気感のみで引っ張っていく作り。Jホラーらしいジメっとした感じで進むが、時折「ジョーズ」みたいな、捕食者視点のカメラワークが挟み込まれるのが印象的だ。そしていよいよ訪れるラスト。それまでゆったりしていたので油断していたら、ラストで一気に恐怖度を上げてくる。気を抜いたところにあの造形物を見せられるので死ぬほどビビる。マジで観た日の夜に夢に出た。ラストのインパクトに全力を注いだ超一発オチ型エピソード。最後まで画面に噛り付いて、その恐怖を骨の髄まで味わってほしい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング