1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

桑田佳祐「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」を製作陣が熱望、佐藤健&阿部寛共演作の主題歌に決定

映画.com / 2021年7月6日 7時0分

写真

(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会

 桑田佳祐の楽曲「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」が、佐藤健と阿部寛の共演作「護られなかった者たちへ」の主題歌に決定した。あわせて、同楽曲が流れる新予告編(https://youtu.be/e8Smm4cnyY8)も公開された。

 本作は瀬々敬久監督が、「このミステリーがすごい!」受賞作家・中山七里氏の小説を映画化したもの。東日本大震災から10年が経った宮城・仙台で、全身を縛られたまま餓死させられるという不可解な連続殺人事件が発生する。捜査線上に浮上したのは過去に起こした事件で服役し、出所したばかりの男・利根(佐藤)。刑事の笘篠(阿部)は利根を追いつめるが、決定的な証拠がつかめないまま第3の事件が起きようとしていた。

 「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」は、2011年に発売された桑田佳祐の4枚目のオリジナルアルバム「MUSICMAN」に収録されている。同9月、東日本大震災の被災地にエールを送るために敢行された「桑田佳祐『宮城ライブ~明日へのマーチ!!~』」のアンコールでも歌われた。会場となったセキスイハイムスーパーアリーナは震災当時、被災地最大の遺体安置所として使用されていた。そして一般利用再開後初のライブでもあった本公演で、桑田は「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」を披露した。

 映画の製作陣は「震災から10年目の宮城を舞台にした本作で、ぜひ桑田さんに主題歌で参加いただきたい」と、プロジェクトのスタート段階から桑田とのタッグを熱望していたという。「現在(いま)がどんなにやるせなくても 明日(あす)は今日より素晴らしい」という歌詞は、それぞれの思いを抱えて生きる登場人物たちに寄り添い、感動の余韻を一層深いものにしている。

 予告編は、利根が泥水に顔を押しつけられながら「ふざけるな!」と叫ぶ、衝撃のカットでスタート。そして笘篠が、利根を雨のなかで追いかけるなど、鬼気迫るシーンが続く。しかし映像の後半では、「本当は心の優しい……私の知っている利根泰久はそういう人間です」「死んでいい人なんていないんだ」という意味深なセリフ、利根の幸せそうな表情も垣間見える。「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」のメロディにのせ、心揺さぶる物語を予感させる仕上がりとなった。

 「護られなかった者たちへ」は、10月1日に公開。瀬々監督と筒井竜平プロデューサーが主題歌に寄せたコメントは、以下の通り。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング