1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

清水崇監督新作ホラー映画の脚本家を大募集! 「鬼才?奇才!!発掘オーディション」開催決定

映画.com / 2021年8月23日 19時0分

写真

選考資料の応募締切は9月30日(必着)

 東映が、映像制作会社ブースタープロジェクトと共同で「鬼才?奇才!!発掘オーディション」を開催することがわかった。ホラーの巨匠・清水崇監督の最新映画企画の開発に際して、脚本家を募集している。

 清水監督が手掛けた「恐怖の村」シリーズは、2020年2月に「犬鳴村」、21年2月に「樹海村」が世に放たれ、第3弾となる「牛首村」の公開が待望されている。東映は、新たなホラーシリーズを生み出すべく、2000年以降、同社では初となる映画の脚本家を募集することになった。スローガンは「世界はお前のもの the world is yours」となっている。

 募集要項などの詳細は、以下の通り。

【募集要項】

選考資料として、ひとりにつき1案までのオリジナルプロットを提出
フォーマット:ワードA4用紙1枚(フォントサイズ12P/1000字程度/PDFファイル)
※文頭に氏名・住所・電話番号・タイトル・メールアドレスを記載すること

ジャンル:ホラー(120分程度の長編映画を想定)
<条件>
1、主人公を10代~20代前後の女性とする
2、日本国内であり、クローズドサークルの要素があること
3、水がある場所(海、川、湖etc.)が物語に登場すること
4、オリジナルアイディアであること

プロット・資料を参照の上、一次選考となった対象者は、プロデューサー面談あり(10月頭予定)。最終選考通過後、2022年1月頃までに初稿上がり・以降順次改稿作業が可能な者に限る。プロ・アマ・年齢・性別は問わない。また、プロは、作品歴などを記した履歴書を任意で添付することも可能。採用者の脚本料は、改めての相談となる。なお、、選考結果は、落選した者も含め全ての応募者に通知する予定となっている。

【応募締切】
2021年9月30日(必着)

【応募方法】

郵送応募(郵送先):〒157-8561 東京都世田谷区成城1-4-1 東宝スタジオ内 (株)ブースタープロジェクト「脚本家募集受付係」(※原稿の返却は不可)

メール応募(宛先): scenario@booster-pro.com 脚本家募集受付係宛(※メールの件名に「清水組脚本家発掘オーディション【ご自身のお名前】」と記載すること)

【採用の場合】
応募したプロット自体を映像化するということでなく、改めて提示されたテーマを元に、新規でシナリオ開発に着手することになる。なお、新規で開発したシナリオの脚本料は支払われる。

【注意事項】
プロットでの応募ではなく「脚本」での応募や、自身の脚本の売り込みは不可。フォーマットにそぐわない応募に関しては、すべて落選扱いとなる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング