1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

【コラム/細野真宏の試写室日記】どこよりも早い「夏休み映画」の総括。勝ち組ランキング・ベスト9は?

映画.com / 2021年8月27日 9時0分

写真

(C)カラー

 映画はコケた、大ヒット、など、経済的な視点からも面白いコンテンツが少なくない。そこで「映画の経済的な意味を考えるコラム」を書く。それがこの日記の核です。また、クリエイター目線で「さすがだな~」と感心する映画も、毎日見ていれば1~2週間に1本くらいは見つかる。本音で薦めたい作品があれば随時紹介します。更新がないときは、別分野の仕事で忙しいときなのか、あるいは……?(笑)(文/細野真宏)

 今年の夏休みは新型コロナウイルスの2年目という「100年に1回」の規模での世界的なパンデミックの中での映画興行。

 そのため、状況がこれまでとは大きく異なりアーカイブとして意味のあるものと考え、「夏休み映画」を中心に興行の状況をまとめてみます。

 まず、そもそも「夏休み映画」という“期間の問題”から設定が必要そうです。

 というのも、3回目の緊急事態宣言の対象地域では基本「映画館の上映禁止」にまで至ったので、多くの作品が夏休み期間までズレ込むことになったからです。

 そのため、ここでは、「公開が夏休みまで続いている作品」も対象にまとめてみます。

9位
●8月6日公開「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」(配給元:東宝)

 こちらはまだ3週目のため、最終的には7位にまで上がりそうです。

 というのも、8月22日時点で興行収入20.6億円ですが、8月28日(土)から50万部の第2弾入場者プレゼントを開始し、4Dでの上映も行うからです。

 この「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」というシリーズは第1作目が興行収入17.2億円で、第2作目が興行収入17.9億円となっています。

 ちなみに、この2作目までは入場者プレゼントとして、小冊子100万部を用意していました。

 ただ、2作目の動員の動向を見ていると、この入場者プレゼントが切れるまではかなりのスピードだったのが一気に落ちたので、「もう少し用意していればいいのに」と思っていました。

 その流れもあり、本作の第3作目は、小冊子を150万部用意していたと思われます。

 とは言え、今回は、ちょっと初速の勢いも含めて上がっていて、どうやら作品自体の人気が上がってきているようなのです。

 初速を見て、「ひょっとしたら興行収入25億円は狙える?」というスタンスでしたが、今週末からの入場者プレゼント第2弾などの投入で、興行収入25億円突破は確実になりそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング