1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

テレビ界最大の祭典エミー賞、Netflixが受賞最多記録タイ 「ザ・クラウン」「クイーンズ・ギャンビット」など

映画.com / 2021年9月23日 9時0分

写真

「ザ・クラウン」 Des Willie / Netflix

 米テレビ界最大の祭典である第73回プライムタイム・エミー賞授賞式が9月19日(現地時間)、米ロサンゼルスで実施された。Netflixが受賞最多記録を成し遂げたほか、Disney+、Apple TV+などストリーミング勢が席巻した。

 2020年に続きコロナ渦で行われた第73回プライムタイム・エミー賞授賞式において、最多受賞を果たしたのは、「ザ・クラウン」(ドラマシリーズ部門)と「クイーンズ・ギャンビット」(リミテッドシリーズ/テレビムービー部門)の11部門。ともにNetflixの作品であり、同社はクリエイティブ・アーツ・エミー賞含め44部門で受賞を果たし、米CBSが1974年に樹立した最多受賞記録に並んだ。

 なお、Disney+の「マンダロリアン」(ドラマシリーズ部門)や、Apple TV+の「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」(コメディシリーズ部門)もそれぞれ7部門を受賞した。

 主な受賞結果は以下の通り。

■ドラマシリーズ部門
作品賞 「ザ・クラウン」
主演男優賞 ジョシュ・オコナー「ザ・クラウン」
主演女優賞 オリビア・コールマン「ザ・クラウン」
助演男優賞 トビアス・メンジーズ「ザ・クラウン」
助演女優賞 ジリアン・アンダーソン「ザ・クラウン」

■コメディシリーズ部門
作品賞 「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」
主演男優賞 ジェイソン・サダイキス「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」
主演女優賞 ジーン・スマート「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」
助演男優賞 ブレット・ゴールドスタイン「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」
助演女優賞 ハンナ・ワディンガム「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」

■リミテッドシリーズ/テレビムービー部門
作品賞 「クイーンズ・ギャンビット」
主演男優賞 ユアン・マクレガー「Halston ホルストン」
主演女優賞 ケイト・ウィンスレット「メア・オブ・イーストタウン ある殺人事件の真実」
助演男優賞 エバン・ピータース「メア・オブ・イーストタウン ある殺人事件の真実」
助演女優賞 ジュリアンヌ・ニコルソン「メア・オブ・イーストタウン ある殺人事件の真実」

■プラットフォーム別受賞数(クリエイティブ・アーツ賞を含む)
Netflix 44
HBO/HBO Max 19
Disney+ 14
Apple TV+ 10
NBC 8
VH1 6
ABC 3
FX 3
Adult Swim 2
CNN 2
Fox 2
National Geographic 2
Apple TV 1
Facebook Watch 1
IFC 1
Oculus 1
Paramount+ 1
Pluto TV 1
Quibi 1
YouTube 1

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング