1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

【「殺人鬼から逃げる夜」キャストインタビュー】チン・ギジュ&ウィ・ハジュン、全身全霊で挑んだ“一夜の追走劇”

映画.com / 2021年9月23日 18時0分

写真

(C)2021 peppermint&company & CJ ENM All Rights Reserved.

 サイコな殺人鬼から逃げまくる。逃げても、逃げても、追いかけられ、予想だにしないサプライズが待ち受ける「殺人鬼から逃げる夜」が、9月24日に公開を迎える。「全く新しい『逃走サイレントスリラー』誕生!」というあおり文句に相応しい“たった一夜の追走劇”の魅力を、監督&キャストのインタビューを通じて紐解いていく。

 同作は、聴覚障がいを持つ女性が連続殺人事件の現場を目撃し、殺人鬼に追われるさまを描いた韓国発のスリラー。耳の聞こえないギョンミはある日、連続殺人事件に遭遇。唯一の目撃者となった彼女は、理由なく殺人に手を染める犯人の標的となる。ギョンミは必死に逃れようとするが、彼女には追っ手の足音は聞こえず、助けを求める言葉は届かない。頼みの綱は、自身の知恵と視力、脚力のみ。そんな彼女に、大胆で頭が切れるサイコパスのドシクがじりじりと迫っていた。

 主人公のギョンミを演じたのは、チン・ギジュ。韓国の大手企業「サムスングループ」を辞めて報道記者となり、さらに俳優へと転身した異色の経歴を持つ人物で、映画では「リトル・フォレスト 春夏秋冬」で知られている。「殺人鬼から逃げる夜」の見どころのひとつが、そんな彼女が“ひたすら走る”光景だ。巨大な地下駐車場、入り組んだ構造の一軒家、らせん状に続く坂道、猛スピードの車が走る道路、混雑した繁華街……どんな苦境に陥っても「絶対に死にたくない」と願うギョンミの姿に、思わずエールを送ってしまうほどだ。

 社会的ステータスのある会社員にしか見えない人物から、「殺したい。絶対殺してやる」という衝動に駆られた殺人鬼まで、いくつもの“顔”も持ちあわせるドシクを演じたのは、最注目のライジングスター、ウィ・ハジュン。公開時に韓国ホラー歴代2位の大ヒットを記録した「コンジアム」で第39回青龍映画賞新人男優賞を獲得している逸材だ。

 インタビュー前編では、監督を務めたクォン・オスン監督が「殺人鬼から逃げる夜」誕生の経緯を説明してくれた。今回は、チン・ギジュ、ウィ・ハジュンに、過酷な撮影を振り返ってもらいつつ、互いへの思いを打ち明けてもらった。

――まずは出演の決め手を教えて頂けますか?

チン・ギジュ:出演を決めたのはギョンミのキャラクターが好きだったこと。そして、危機と向き合うギョンミの姿勢、選択、感情、その全てが尊敬できると思ったからです。

ウィ・ハジュン:出演のきっかけは、本作が俳優としてのチャレンジ精神を刺激してくれたからです。演技を始めた頃からドシクのような強烈な殺人鬼をいつか演じてみたいと思っていたので、難役であることはわかっていましたが、それでも挑戦しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング