1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできることは? 国立映画アーカイブで緊急フォーラム、10月16日開催

映画.com / 2021年10月1日 9時0分

写真

 ビデオテープで撮られた多くの映画を失いかねない危機への警鐘を鳴らす緊急フォーラム「マグネティック・テープ・アラート:膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること」が10月16日、国立映画アーカイブ(長瀬記念ホール OZU)で開催されることがわかった。ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」(10月27日)の記念特別イベントとなっており、ビデオレクチャー、トークイベントなどが行われる。

 フィルムからデジタルへの緩やかな移行期といえるこの50年間は、磁気テープの時代でもあった。プロの映画人からアマチュアまで無数の人々が、映画はもちろん、地域や職場、家庭で多様な記録映像を生み出してきた。だが、ユネスコはこのような警告を発している。それらの膨大なビデオ、オーディオテープの映像や音は、2025年までにデジタルファイル化されなければ、永遠に失われかねない――というものだ。

 ビデオによる映画は、80年代後半以降、プロによるVシネマ、文化・記録映画、インデペンデント映画など多数あるが、それら以外にも、テレビ放送用の映画、テレビ番組、メディアアート、自主映画、ホームムービー、会社や学校、地域の記録映像など、膨大に存在している。だが、丁重にテープを保管していたとしても、動作可能な再生デッキが無くなれば、記録された映像や音は“二度と読み出せなくなる”“失ったも同然になる”のだ。

 今回のフォーラムには、その危機意識をしっかりと抱き「今のうちにデジタルファイル化を始めてほしい」という思いが込められている。なお、メーカーが再生機の保守サービスを完全終了するのは、2023年3月。再生機の生産は終了しているため、“デッドライン”は2025年よりも早まる可能性もある。

 国立映画アーカイブ主任研究員・冨田美香氏が、前述の内容に加えて、広く呼びかけたいと思っていることは「手元にビデオの再生機がある人は大事に使ってほしい」ということ。高校、大学の放送部、映画部、映像制作系の学校・大学には、U-マチック、Hi8、BETACAMなどの古い再生デッキが使用可能な状態で、まだまだ残っているはず。既に生産中止になって保守サービスも終わっている再生デッキの台数は、動作可能な台数は減る一方の状況だ。その貴重な再生デッキは決して捨てずに、デジタル変換の“自炊”、もしくはデジタル変換をしている専門機関に寄贈するなど有効利用を行ってほしい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング