1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

「映画をきっかけに告発者数が激増」国家の汚職に市民が立ち向かうルーマニアの骨太ドキュメント「コレクティブ 国家の嘘」監督に聞く

映画.com / 2021年10月2日 10時0分

写真

(C)Alexander Nanau Production, HBO Europe, Samsa Film 2019

 ルーマニアを震撼させた巨大医療汚職事件を題材に、市民、ジャーナリスト、政治家ら異なる立場から事件に立ち向かう人々の姿を捉えたドキュメンタリー「コレクティブ 国家の嘘」が公開された。とあるライブハウスでの火災事故を発端にした医療システムについての調査から、国家ぐるみの汚職を暴き出した本作は、事件の真相を追う新聞記者たち、辞任に追い込まれた保健相の後任の若き大臣らにカメラが肉薄、見る者の想像を超える驚くべき事実が次々と明るみになる。第93回アカデミー賞で国際長編映画賞と長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた本作について、アレクサンダー・ナナウ監督に聞いた。

――ルーマニア国民にとってこのような汚職事件は社会主義時代からの負の遺産として、恒常的なものと捉えられているのでしょうか。

 まさにその通りだと思います。腐敗の体質が引き継がれ、特に医療システムは、社会主義時代のものをそのまま引き継いでしまっています。年長の男性や権力を持った人たちがすべてのシステムを掌握していて、医療系の大学や病院の理事長など、誰がどこのポジションに付くべきかということを彼らが全て決めている、という封建的な構図があると思います。

――日本や世界各国の問題とも重ねて見ることもできる優れた作品です。しかし、言い換えればルーマニアという国の恥部を赤裸々に映したこの作品がアカデミー賞の2部門ノミネート。国民の反応、また保守的な層などからの反発はなかったのでしょうか?

 ルーマニアでは去年2月に劇場公開され、パンデミックのために2週間で休館となってしまいましたが、ドキュメンタリーとしては異例の数の観客が来場しました。その後HBOで4月に配信が始まり、HBOにおいて去年最も観られた映画になりました。ルーマニア国民にも支持され、特にSNSで話題になりました。というのは、主流メディアが権力に近いところにあって、特にコロナ禍においては国からの助成金が賄賂のような働きをしていたのです。例えば、休館しなければならない映画館や劇場といった文化系の業界は一切、1ユーロたりとも補償を受けていませんが、大手TV局や新聞はコロナの助成金という名目で賄賂を受け取っていたのです。要するに隠れた賄賂です。政府がコロナでうまく対応できていないことを書くな、暴くなという、そのためのお金だったんです。そういうこともあり、主流メディアよりもSNSで話題となったのです。そして、この映画をきっかけに告発者の数が激増しました。例えばかつては1日10人ぐらいだったのが、およそ100人へと爆発的に増えたのです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング