1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

「攻殻機動隊 SAC_2045」バトーのキャラクターPV公開 大塚明夫のインタビューも

映画.com / 2021年10月16日 11時0分

写真

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

 「攻殻機動隊 SAC_2045」のシーズン1に新たなシーンを加えて再構築し、全編フルグレーディングを施した劇場用長編アニメーション「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」から、バトーのキャラクターPV(https://youtu.be/MV7av1RvWu0)が披露された。

 1989年に「ヤングマガジン増刊 海賊版」(講談社)にて士郎正宗が原作コミックを発表、連載開始以来、アニメーション、ハリウッド実写映画などさまざまな作品群を構成してきた「攻殻機動隊」シリーズ。本作では、「新聞記者」「ヤクザと家族 The Family」の藤井道人が監督として参加し、シーズン1に続いて「millennium parade」が主題歌を担当する。

 バトーは、“眠らない眼”と呼ばれる義眼を持つ元レンジャー部隊員で、主人公で公安9課のリーダー・草薙素子の右腕として部隊を支えている。PVではそんなバトーに焦点を当て、フル3DCGで描かれたアクションシーンや声優を務めた大塚明夫のインタビュー映像を収録。大塚は「バトー君はバトー君のままなので、軛(くびき)から放たれて自由な感じ」と表現している。

 「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」は、11月12日から2週間限定で劇場公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング