1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

西野亮廣にとって「映画 えんとつ町のプペル」は成功か失敗か 手応えと忸怩たる思い

映画.com / 2021年10月16日 12時0分

写真

 「キングコング」西野亮廣といえば、これまでも絵本を複数人で完成させる分業制の導入や、販売中の絵本をウェブで無料公開するなど、ユニークな手法で出版業界の常識をことごとく破り続けてきた業界の異端児だ。

 彼が手がけた「えんとつ町のプペル」は、アニメーション映画のみならず、歌舞伎、ミュージカルと驚くべき進化を遂げている最中だが、支持者は非常に多い一方で、アンチも多いというのは周知の事実。

 2020年に公開された「映画 えんとつ町のプペル」(廣田裕介監督)は観客動員170万人、興収24億円を超える大ヒットを記録した。成功と言ってよい立派な数字だが、ネット上で本作を検索すると「失敗」「爆死」といったネガティブな言葉も数多く飛び交っている。

 公開からおよそ10カ月が経過した今、本作が10月22~31日のハロウィーン時期に再上映される。西野亮廣にとって、「映画 えんとつ町のプペル」は成功だったのか、失敗だったのか――。改めて疑問をぶつけてみるとともに、映画業界に足を踏み入れ感じたことなどについて聞いた。(取材・文/壬生智裕、編集/尾崎秋彦)

●掟破りの“公開前に台本を1万部販売” その真意は?

 ――西野さんが絵本業界に入った時に「こういうことができないのかな」といった具合に、業界の常識を疑ってみることも多かったと聞いております。そんな西野さんにとって「映画 えんとつ町のプペル」の劇場公開を振り返ってみて、何か映画業界について「こうしたらいいのにな」と思ったことはありましたか?

 西野亮廣:これまで先輩方が守ってこられた業界なので、素晴らしい文化がたくさんあるなと思いつつ、一方でここはもうちょっとどうにかしたいな、というところは結構ありました。

 例えば、僕自身もそうだし多分皆さんもそうだと思うんですけど、もうイチかバチかで映画を観に行くことは少なくなってきているじゃないですか。友達の口コミで「面白い」とハンコが押されている、確実に外れないものにしか足を運ばない。僕たちはもうみんな忙しくなっちゃったから、そんな博打はあまりしなくなっている。

 ――「これは泣ける」だとか、評判を調べたり、確実性を求める傾向はありますね。

 西野:そんななか、(物語や予告編やキャストなどの)情報解禁に対する厳しさというのは「今っぽくないな」と思ったんですよね。やっぱり事前に試食をしたいなと。

 それでスタッフの皆さんにご説明して、「映画 えんとつ町のプペル」は事前に台本を1万部くらい販売したんです。だから最低でも1万人はストーリーを知っている。打ち合わせのときも「誰かが台本の内容をスクショして、ネットに出回ったらどうするんですか」と言われたんですけど、その時は、あえて公式でリツイートして、シェアしましょうよと言って。だって知られた方がいいわけだから。そういうことをやりましたね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング