1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

【アジア映画コラム】エドモンド・ヨウとは何者なのか? 小松菜奈×宮沢氷魚「ムーンライト・シャドウ」から紐解く実像

映画.com / 2021年10月18日 15時0分

写真

(C)2021映画「ムーンライト・シャドウ」製作委員会

 9月10日から公開され、第34回東京国際映画祭「Nippon Cinema Now」部門でも上映される「ムーンライト・シャドウ」。吉本ばなな初期の名作が映画化される――この情報が解禁された際、多くの人々はキャストの小松菜奈、宮沢氷魚に注目したことでしょう。しかし、もうひとり、見逃してはいけない人物がいます。それがメガホンをとったマレーシアの映画監督エドモンド・ヨウ。彼は毎年、東京国際映画祭の“会場のどこか”には必ずいるので、見かけたことがある人もいるのではないでしょうか? エドモンド監督、実は日本とゆかりが深い人物なんです。

 エドモンド監督は、2008年、早稲田大学大学院国際情報研究科の安藤紘平研究室に在籍し、日本での留学生活をスタートさせました。翌年の09年、初めて日本語セリフで撮影した短編「Kingyo」は、第66回ベネチア国際映画祭の短編映画コンペティション部門に入選し、大きな話題に呼びました。

 10年には、エドモンド監督がプロデュースした映画「タイガー・ファクトリー」が第63回カンヌ国際映画祭でプレミア上映され、第23回東京国際映画祭「アジアの風」部門でも披露されました(エドモンド監督の短編「インハレーション」を併映)。それ以降、エドモンド監督は“東京国際映画祭の常連監督”に。14年には「破裂するドリアンの河の記憶」が第27回東京国際映画祭コンペティション部門に入選。この作品は、同映画祭のコンペティション部門にマレーシア映画として初めて入選した1本となりました。

 17年には、難民問題を背景とした「アケラット ロヒンギャの祈り」を第30回東京国際映画祭コンペティション部門に出品。見事、最優秀監督賞を受賞し、世界中から注目を集めました。20年のマレーシア・日本合作映画「Malu 夢路」を経て、手掛けることになった「ムーンライト・シャドウ」。今回は“映画監督エドモンド・ヨウの実像”を紐解くインタビューをお届けします!

――まず初めに、映画監督を目指すことになったきっかけを教えてください。

 いつのことになるのでしょうね……かなり昔のことだと思います。映画監督は、子どもの頃からの夢でした。私の母は元歌手で、父はジャーナリストでありながら音楽の制作にも携わっていたので、かなり早い段階でさまざまな文化に興味を持ち始めました。両親が映画好きだったので、子どもの時から、たくさんの映画を見ていました。「必ず映画監督になる」と思い始めたのは、多分15歳ぐらいのことだった気がします。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング