1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

紛争で敵対する若者たちがオーケストラを結成 「クレッシェンド 音楽の架け橋」22年1月28日公開

映画.com / 2021年10月28日 15時0分

写真

(C)CCC Filmkunst GmbH

 指揮者ダニエル・バレンボイム率いる「ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団」にインスパイアを受けて制作された「CRESCENDO #makemusicnotwar(原題)」が、「クレッシェンド 音楽の架け橋」の邦題で、2022年1月28日から公開することが決定した。

 長く紛争の続くイスラエルとパレスチナから集った若者たちがオーケストラを結成し、コンサートに向けて対立を乗り越えていく姿を描く。モデルとなった実在の楽団「ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団」は、米文学者エドワード・サイードと共に、中東の障壁を打ち破ろうと1999年に設立。「共存への架け橋」を理念に、現在も世界中でツアーを行う活動を続けている。

 彼らのスピリットから着想を得て脚本を共同で書きおろし、監督も務めたのは、イスラエル・テルアビブ出身のドロール・ザハビ。若者たちを導くマエストロを「ありがとう、トニ・エルドマン」のペーター・シモニスチェクが演じた。

 あわせて特報、ポスタービジュアル、場面写真が披露された。特報には、劇中でも使用される「カノン」に乗せて、世界的指揮者のスポルクがオーケストラを編成する企画を依頼されるシーンから始まる。ぶつかりあう楽団員たちの姿が映し出され、ラストの演奏に期待が高まる仕上がりだ。

 「クレッシェンド 音楽の架け橋」は2022年1月28日から東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋ほか全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング