1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

リーアム・ニーソンが大好きだ! おすすめ映画6選  「アイス・ロード」公開記念【映画.comシネマStyle】

映画.com / 2021年11月14日 14時0分

写真

 毎週テーマにそったおすすめ映画をご紹介する【映画.comシネマStyle】。

 リーアム・ニーソンが主演したレスキューアクション「アイス・ロード」が11月12日から公開中。そこで今週は、「スター・ウォーズ」「96時間」など数多くの大ヒットシリーズに出演し、68歳の現在もアクション映画に挑み続けるニーソンを特集! 編集部メンバーがチョイスした、幅広いジャンルのおすすめ作品6本を、時代順にご紹介します。

 「シンドラーのリスト」(1994年/195分/スティーブン・スピルバーグ監督)

 第66回アカデミー賞で、スティーブン・スピルバーグが、4度目のノミネートにして初の監督賞を獲得したヒューマンドラマ。監督賞以外にも作品賞など7部門を受賞しました。ナチスによるユダヤ人大虐殺から多くの命を救った実在のドイツ人実業家オスカー・シンドラーを描いた名作です。

【あらすじ】
 1939年、ナチスドイツ占領下のポーランド。戦争を利用して一儲けしようと狙うドイツ人実業家シンドラー(ニーソン)は、軍の幹部に取り入り、ユダヤ人の所有していた工場を払い下げてもらう。軍用ホーロー容器工場を立ち上げた彼は、安価な労働力としてユダヤ人たちを雇い入れ、事業を軌道に乗せていく。しかしナチスによるユダヤ人の迫害は日ごとにエスカレートし、ついに虐殺が始まる。凄惨な光景を目の当たりにしたシンドラーは、私財を投じて彼らの命を救うことを決意する。

 なお、「シンドラーのリスト」と同時期にスピルバーグが作っていたのが「ジュラシック・パーク」です。

 前者が人類史上最大の汚点のひとつとも言われるナチスのホロコーストを題材に、全編モノクロのドキュメンタリータッチで描いた重厚かつシリアスなドラマであるのに対して、後者は当時の最新のCGを駆使したバリバリの娯楽大作。とても同じ監督が撮った作品とは思えない正反対の作品です。両作品をご覧いただくと、スピルバーグがいかに天才か痛感することでしょう。

 また、上映時間は195分ありますが、全編緊張感あふれる展開でその長尺をまったく感じさせません。実話の持つ重みもあって、目を離せなくなること必至です。

 ニーソンが演じた物語の主人公は、自身もナチスの党員で、戦争に乗じて一儲けを企む実業家のオスカー・シンドラー。最初はユダヤ人を安価な労働力としてしか見ていなかった彼が、ナチスの非道を目の前にして、ユダヤ人を助けるため、自分の危険も顧みずに知恵と勇気を振り絞って立ち上がる姿は胸に迫るものがあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください