本物そっくり?!超リアルな“テニスボール型ケーキ”を食べてみた

えん食べ / 2013年1月16日 12時0分

写真

コレがウワサの…?

しょっぱいものの後にはどうして甘いものが食べたくなるんでしょう。そして甘いものの後にはどうしてしょっぱいものが食べたくなるんでしょう。この無限ループどうにかなりませんでしょうか、ふう。今日も今日とて食後のデザートに思いを馳せていると、「本物と見分けが付かないほどリアルなテニスボール型のケーキがあるらしい」という情報が編集部にもたらされました。

見分けがつかないってそんな馬鹿な。でもどれくらいそっくりなんでしょうか…比較したい…! と、そわそわしていましたが、気になったら確かめてみるのがえん食べ編集部。という訳で、実際に並べて確かめてみることにしました!

■テニスボール型ケーキは本郷にあった!

ウワサの超リアルテニスボール型ケーキを販売しているのは、東京・本郷にある「NIKKI Cafe」。本郷といえば、名門・東京大学のお膝元。いわずと知れた赤門のすぐそばに、NIKKI Cafe はあります。心なしか、すれ違う若者がみんな聡明に見えます。

お店に入ってすぐ目の前のショーケースに、タルトやフルーツケーキと混ざってなにやら目を引く真っ黄色なケーキが! ありました! これが、超リアルなテニスボール型ケーキです!

ケーキはカップに入っており、カップ上部が半円のようになっています。ぱっと見ただけでも、かなりの再現度。これはすぐに本物と比較しなくては! ということで、購入し、編集部に持って帰ってきました。

■テニスボールケーキを本物のテニスボールと並べてみよう

ぶつからないように慎重に持って帰り、箱から取り出して改めて間近で見ると、おおおー! と思わず言ってしまうそっくりレベル。テニスボール表面の、あの独特なフェルトのホワホワ感まで再現されているんです!

実際のテニスボールと並べてみます。隣に並べるとさすがにちょっと違うなという感じではありますが、許容の範囲内です! ケーキの方だけをぱっと見せられたら、「ああ、テニスボールね…」と信じてもらえるレベルかと! ケーキの方がボールより、発色やバランスが美しく見えますねえ。すごい。

■そのお味は?

それでは実際に食べてみることにします。フォークを入れて…、と、間違えました。こっちじゃなかった。

というベタなボケ(ノルマ)をこなしてから、さくっと。このテニスボールケーキ、中がムースになっているので、かなり軽~くフォークが入ります。なんだかシュールな絵面です。

断面図はこんな感じ。上から順に、黄色のボール表面部分、シトロンのムース、チョコレートのムース、スポンジとなっています。

一口食べてみると、シトロンの程よい爽やかな酸味と、甘すぎないチョコレートの風味が口に広がります。2つの味がかなりマッチしております。両方のムースはふわっと軽く、口当たりの良さに驚かされました。気になる表面部分ですが、シトロン風味のスポンジの粉がまぶされているんだそう! なるほどね! 口当たりも少しざらりとしていて、ムースにいいアクセントを与えてくれました。

甘すぎず爽やかなお味と軽いムースのおかげで、甘いものはちょっと…という男性の皆様でもぺろっといけてしまいそうです。面白いだけじゃない、味も本格派のケーキ、手土産に持っていくと盛り上がること間違いなしですよ!

えん食べ

トピックスRSS

ランキング