世界初!『納豆定期券』を手に入れた!―「納豆とんかつ」も食べてきた!

えん食べ / 2013年2月20日 19時30分

写真

コレがウワサの…?

日本が誇る伝統食材、納豆。香り、味わい、そして粘りに魅了され、もう納豆なしでは生きていけないという方も少なからずいらっしゃるでしょう。ええ、お仲間です。そんな「NO 納豆 NO LIFE」を信条にする筆者のもとに、なんと「納豆が食べ放題になる、『納豆定期券』が発売されたらしい」という情報が飛び込んでまいりました。

え、『納豆定期券』!? それって Suica みたいなもの? うーん、どういうこと?気になる!

…と、気になったら確かめてみるのがえん食べ編集部。実際に納豆定期券を入手し、定期を活用してみることにしました! 楽しみ~!

■有楽町にある茨城県のアンテナショップ「茨城マルシェ」にやって来ました!

納豆定期券を購入できるのは、東京・有楽町にある茨城県のアンテナショップ「茨城マルシェ」。なるほど、茨城といえば水戸納豆。これはクオリティーにもかなりの期待が持てそうです。

有楽町の駅から程近いところに茨城マルシェはあります。たどり着くまでの間に北海道、大阪、沖縄、高知などのアンテナショップを発見しました。有楽町はアンテナショップ激戦区なのでしょうか。銀座も近く、オシャレなエリアです。

店内はアンテナショップ部分とレストラン部分に分かれており、どうやら納豆定期券はレストランで購入し、使用できるよう。早速レジにて購入し、説明を伺いました。

■納豆定期券って、何?

納豆定期券は、茨城県産のプレミアム納豆がランチタイムに食べ放題になる、というもの。店頭で1,000円で購入でき、購入から1か月間使用できるとのこと。しかも、納豆を美味しく食べるために開発されたという「笠間焼納豆鉢」で食べることができるそうです。

ほ~、なるほど。この定期券を購入しランチセットを頼めば、納豆が食べ放題になるということですね! 定期券は裏に名前を書くようになっており、記名した本人以外の利用はできなくなっています。また、この定期券を使うには、ランチセットを注文する必要があるとのことなのでご注意あれ!

とにかく納豆に目がない筆者。定期券を思う存分使うべく、まずはランチメニューを注文します。茨城マルシェ内のレストランは、茨城県の新鮮な野菜、肉などが楽しめるようになっており、お昼時は近所の OL やサラリーマンでかなり混雑しています。

■「納豆バー」だってあるんです

ここのレストランのランチの特長は、なんといっても納豆バー! 一口サイズの納豆に選べる5種のたれを混ぜ、心行くまで堪能できちゃうのです。この納豆バーだけではなく、ランチにはすべてサラダバー、個沼のしじみ汁、ごはん(混ぜご飯も選択可!)、お漬物がついてくるのです。超豪華。盛り上がってまいりました。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング