フラスコみたいなデカンタや、ビーカーみたいなワイングラス 「Periodic TableWare(周期表テーブルウェア)」

えん食べ / 2013年6月14日 20時0分

写真

化学実験用ガラス製品のような「Periodic TableWare(周期表テーブルウェア)」

バーは人と人との間での化学変化が発生する場所。それまでの関係が、アルコールという触媒によって、全く違ったものに変化することがある。

米国コネチカット州在住のデザイナー Marshall Jamshidi 氏は、バーにおける化学変化を促進するため、化学実験用ガラス製品のような外観を持つテーブルウェア「Periodic TableWare(周期表テーブルウェア)」を考案した。現在、Kickstarter で出資者を募集している。

Periodic TableWare は、ビーカーのようなワイングラスやウィスキーグラス、フラスコのようなデカンタやカクテル・シェーカー、それにマティーニグラスなどで構成される。Jamshidi 氏は、化学実験用ガラス製品をテーブルウェアにするメリットは2つあると説明している。

1つ目は、化学実験用ガラス製品の機能性の高さ。フラスコもビーカーも、危険な化学薬品の取り扱いで利用されることがある。そのようなケースに備え、薬品がテーブルにこぼれにくい形状となっている。その形状をデカンタやグラスに適用すれば、ワインやウィスキーをこぼす確率も減少するはずだという。

2つ目は、デザイン自体の素晴らしさ。化学実験用ガラス製品は、学校の授業で誰もが一度は目にしたことがあるもの。眺めているだけで懐かしく、隣の人との会話も弾み、人と人との「化学反応」も起きやすいはずだという。

Periodic TableWare は、食器洗浄機にも対応予定。資金の調達に成功した場合、今年10月頃からの発売を予定している。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング