気分は英国貴族? 出産直後から食べられる「産婦人科のフルコースディナー」に、“ロイヤルベビー誕生記念”特別コース

えん食べ / 2013年8月19日 17時0分

写真

「ロイヤル・セレブレーションディナー」イメージ

英・ウィリアム王子、キャサリン妃のロイヤルベビー誕生を記念した特別コース料理「ロイヤル・セレブレーションディナー」が、医療法人財団 緑生会 水口病院(東京・武蔵野市)内のレストラン「カフェ・ド・ディアーナ」で、8月26日から9月30日まで提供されている。同院で出産した方、およびその家族限定の特別メニュー。

「ロイヤル・セレブレーションディナー」は、英国王室をイメージした高級感あふれるメニューで構成されたフルコースで、メニューはすべて、一流ホテルでの料理長経験もある「カフェ・ド・ディアーナ」の下瀬三千男(しもせ みちお)シェフによるオリジナル。産婦人科とは思えないほどのしっかりとしたコース内容だが、食材には産婦人科ならではの“ママの心を元気づける”栄養たっぷりのものが厳選されているそうだ。

メニューの詳細は、トマトのゼリーのカプレーゼ風、フォアグラのソテー バルサミコソース、本日のスープ、和牛フィレ肉のソテー マデラ酒ソース、スペシャルデザート、紅茶(またはコーヒー)、パン。日によって、旬の食材にあわせて内容が変わる場合があるとのこと。

なお、コース内の料理だけでなく、食器やカトラリー類もすべて“最高級”。高級グラスとして名高いバカラのシャンパングラスや、英国王室御用達であるエインズレイ、数多くのヨーロッパ王室で親しまれてきたロイヤルコペンハーゲンやヘレンドのプレート、ティーカップ&ソーサーなど、同コースに最適なテーブルウェアが用意されている。同店では、「出産という記念すべき思い出がより特別になり、主役であるママが贅沢な気分を味わえるように」細部まで工夫をこらしたサービスを心掛けているそうだ。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング