今年の「鍋」は“シメ”に注目!トマト鍋でナポリタンなど、ひと味違ったアレンジはいかが?

えん食べ / 2013年8月27日 15時0分

写真

鍋の“シメ”にも注目が集まっています

冬の定番料理、「鍋」。最近では、“暑い時にあえて熱いものを”と「夏鍋」を取り入れる家庭もあり、もはや1年中楽しむ人も多いそうです。

そんな中、早くも今年の冬の“鍋予報”が発表されました。トレンド総研が20代~50代の男女500名に実施した「『鍋』に関する意識・実態調査」によると、「今年の冬も鍋を食べたい」と思っている人はおよそ9割。納得の結果です。

そして、鍋といえば最後のシメ。「鍋において“シメ”を楽しみにしていますか?」という質問では、75%の人が「楽しみにしている」と答えたそうです。さらに、「“シメ”をアレンジすることで、鍋がもっと楽しめる」と思っている人はおよそ7割にものぼるとのこと。具材の旨みと栄養が溶けたスープ、無駄にはできませんよね。

この結果について、赤堀料理学園 校長の赤堀博美先生も「今年は“シメ”の楽しみ方がますますバリエーション豊かになっていく」と予想。定番の「雑炊」「うどん」「ラーメン」などのほか、アレンジのきいた“シメ”メニューにより注目が集まりそう、と分析しています。

確かにいつも雑炊じゃありきたり。そこで最後に、赤堀先生による、家庭ですぐに出来る“シメ”のアレンジレシピをご紹介します。レシピは、トマト鍋をベースにした今流行の『ナポリタン』と、寄せ鍋をベースにした『そば』。どちらも家庭で簡単に楽しめるレシピです!

■“シメ”レシピその1「トマト鍋×ナポリタン」

【材料】(2~3人前)

<鍋のベース>

カットトマト缶:400g、にんにく:1かけ、水:2カップ、コンソメ:小さじ2、砂糖:小さじ1、塩・こしょう:適量、オリーブ油:適量

<具材例>

ウインナー:8本(斜め半分に切る)、ベーコン:4枚(1枚を4つに切る)、玉ねぎ:1個(1cm 幅のくし切り)、ブロッコリー:1株(小房に分ける)、にんじん:1本(ピーラーで 1~2cm 幅に薄切り)、ごぼう:1/2本(ピーラーで 1~2cm 幅に薄切り)、じゃがいも:1個(皮をむいて 1cm 幅の半月切り)、なす:1本(1cm 幅輪切り)、しめじ:1p(石づきをとり、小房に分ける)、エリンギ:2本(縦4等分のまき割り)

<シメ>

パスタ麺(1.7mm ※鍋の中でそのままゆでる場合は 1.4mm):適量、バター:大さじ1

【作り方】

<ベースの作り方>

1、鍋にオリーブ油をひき、みじん切りにしたにんにくを香りが出るまで炒め、カットトマトを加え、さっと炒める。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
えん食べ

トピックスRSS

ランキング