【冷凍編】コンビニ「お好み焼き戦争」勃発!? 気になる新商品を食べ比べ

えん食べ / 2013年12月6日 20時30分

写真

冷凍お好み焼きも続々

ここ最近、コンビニ各社が冷凍商品に力を入れているようで、アイスケースの中身が以前よりも充実したように感じます。そういえば、今夏はアイスケースが話題になりましたね…。

気を取り直して。色々な新冷凍商品が発売される中、11月にファミリーマートで発売されたのが「ミックスお好み焼」。【チルド編】でも2枚のお好み焼きを紹介しましたが、冷凍商品も各社から販売されていることが分かったのです。。さっそく3枚のお好み焼きを購入。食べ比べてみます。

今回用意したのは、ファミリーマート「ミックスお好み焼」(198円)、ローソン「お好み焼」(198円)、セブン-イレブン「海鮮お好み焼」(178円)。いずれも、プライベートブランド(PB)商品のようです。なお、今回は略称を店名にします。

まずは、それぞれを袋から取り出してみましょう。ファミマは、ソース・あおさ(青のり)・かつおぶしに加えて、マヨネーズ風ソースがついています。ローソンとセブンは、電子レンジで使えるトレー付き。トッピングは、どちらもソース・青のり・かつおぶしです。

内袋をはがし、さっそく電子レンジへ GO!…と、その前に、袋に書かれた注意書きを見てみると…。[召し上がり方]に「添付ソースの解凍」との項目が。ソースは、袋のまま流水にさらすかお湯に入れて解凍しなければならないようなのです。電子レンジだけで済むと思っていたのに…罠だった…。というわけで、まとめてお湯に入れて解凍しておきます。

ファミマはトレーがないので、皿にのせて。ローソンとセブンはトレーにのせて、電子レンジで温めます。温め時間は、いずれも 600W で6分ほど。フィルムをはがして、ラップをかけずに温めるのがポイントです。

温まったものに、ソースとかつお、青のりをかけて…3枚のお好み焼きが完成!なかなか綺麗にトッピングできたので満足。

それでは、さっそくいただきましょう。

まず、ファミマから。商品情報によると、重さは220g。豚肉がトッピングされており、いか・えびも入っています。3枚の中では最もトロトロで柔らかく、固めに仕上げられたえび・いかの食感が引き立っています。ソースは少し酸味が強めですが、マヨネーズ風ソースが甘めで出汁の風味が香り、うまく合っています。また、紅しょうががしっかり主張してくるのも嬉しいポイント。

続いてローソン。重さは210g です。生地に入っているのはキャベツとネギの野菜のみですが、このキャベツがうまい。甘みが強く、シャキシャキ食感も健在です。豚肉もトッピングされているので、シンプルな豚玉といった印象。野菜たっぷりで食べごたえのある一品です。重さは210g。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
えん食べ

トピックスRSS

ランキング