【きょうのおやつ】春水堂「茶々杏仁豆腐」--お茶をかけて食べるほろ苦スイーツ

えん食べ / 2013年12月10日 15時30分

写真

お茶をかけて食べる「茶々杏仁豆腐」

2013年7月、代官山にオープンした“お茶専門”のカフェチェーン「春水堂(チュンスイタン)」。タピオカミルクティー発祥の店としても有名な、台湾生まれのカフェです。有名なタピオカミルクティーを注文する人が多いそうですが、もともとはお茶の専門店。美味しいお茶を使ったスイーツも販売されています。

それが「茶々杏仁豆腐」(420円)。春水堂自慢のお茶をかけて食べるスイーツです。

フレーバーは、香ばしい「鉄観音(てっかんのん)」と爽やかな「ジャスミン」の2種。添えられているあずきをのせて、お茶をかけていただきます。

しっかりと香り立つお茶が、杏仁豆腐の味わいとあずきの甘さを引き立てる、新感覚スイーツ。杏仁豆腐は、濃厚ながらも甘すぎず、なめらかな口あたりです。食感がしっかりと残っているあずきも嬉しいポイント。お茶が濃いめなので、量はお好みで調整して下さいね。

店内で温かい烏龍茶とともに食べても良さそうですし、手土産にしても喜ばれそうです。

なお同店では、冬向けの日本限定メニューとして、「蜂蜜生姜レモンティー」「落花生ラテ」も販売されています。台湾の開発チームが“日本の四季に合ったメニューを作ろう!”と意気込み、たくさんの日本の素材を持ち帰って生み出した自信作とのこと。コーヒーではなく、美味しいお茶を飲んでほっと一息ついてみるのもいいかもしれません。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング