今度こそ「コカ・コーラ」のレシピが判明!? 誕生秘話が CM で明かされる?

えん食べ / 2013年12月27日 14時0分

写真

門外不出の「コカ・コーラのレシピ」がついに判明!?

「コカ・コーラ」誕生から127年。ついに、門外不出のレシピが明らかになる時が来たようだ。

「コカ・コーラ」の新テレビ CM「ペンバートン1886おいしさの秘密篇」が放送されている。生みの親、ジョン・S・ペンバートン博士が「コカ・コーラ」を生み出すまでの、“「コカ・コーラ」誕生秘話”が描かれたものだ。

誕生秘話と聞くと、レシピ公開に期待が高まる。順に CM のストーリーを追っていこう。

舞台は1886年のアトランタ。ある朝、新しい飲料を開発しようと思い立ったペンバートン博士は、Google で検索しようとする。だが当時、Google は存在しなかった。続いて彼は、今で言う着色料を取りに行ったのだが、これも存在せず。馬車に乗ってヒップホップを聞きながら保存料を買いに行こうとしたが、これまたどちらも当時は無かった!そこで彼はサバンナ港に向かい、最高の香料を作る素材を手に入れた。

ここからが問題だ。

仕事場に戻った博士は、水と砂糖、カラメル、酸味料、少量のカフェイン、そして“独自に配合した香料”を混ぜ合わせたシロップに炭酸水を加え、ついに新しい飲料を完成させた。飲んでみるとそれはそれは美味しくて、Facebook でシェアしたいと思ったものの、もちろん当時は Facebook も存在しなかった、というオチで CM は終わる。

あれ?博士、やっぱりレシピは秘密ですか!

結局レシピが明かされることは無かったものの、ユニークな CM は一見の価値あり。「コカ・コーラ」が、Google もヒップホップも Facebook も無かった127年前から、植物由来の香料を使って保存料を使わずに作られ続けているのかと思うと、感慨深いものがある。

ちなみに、「コカ・コーラ」と名前をつけたのは、博士の友人であるロビンソン氏だったそう。当時はグラス1杯5セントで売り出され、1年あたりの売り上げは9杯だったとか。

この CM は、テレビでの放送開始と同時に YouTube でも公開され、約3週間で83万再生を突破している。テレビでは、12月27日と30日の夜に放映される予定とのこと。127年前に思いを馳せながら、ペンバートン博士の偉業に乾杯したい。もちろん、「コカ・コーラ」で。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング