家族との絆が深まる?--消費税増税で注目される「おうち時間」の楽しみ方

えん食べ / 2014年3月24日 16時40分

写真

家計の節約を意識する機会が増税によって増えると思いますか?

消費税増税まで目前。家計の節約意識も高まっていますが、お金は節約するだけでなくメリハリをつけて使いたいものです。主婦のみなさんは増税に対して、どのような対応を考えているのでしょうか?

カルピスが20~60代の主婦1,000名を対象に行った意識・実態調査によると、増税を機に自分のための出費は控える一方、自宅で家族と過ごす時間を充実させようとする傾向が明らかになったそうです。

■出費を惜しむ相手は“自分”、惜しまない相手は“家族”

同社がまず、増税によって「家計の節約を意識する機会」が増えるかを尋ねたところ、「増えると思う」と回答した人は79%にのぼりました。また、出費を抑える相手としては「自分」という回答が54%、出費を抑えない相手としては「家族」という回答が31%で、それぞれ最多となりました。自分の出費を切り詰める分、家族のための出費はこれまで通りを維持したいという家族愛が感じられます。

■家族と過ごす時間は“変わらない”、お出掛け回数は“減少傾向”

消費税増税は、家族との過ごし方も変えるのでしょうか?増税後、「家族が一緒に過ごす時間は変わらないと思う」と答えた人は7割を超えました。一方、「家族で揃って出掛ける回数が減ると思う」と答えた人は36%を占めています。外出の機会が減ることで、「自宅での楽しみ」を工夫していく必要があるようです。

■ホームパーティに求めるのは「あたたかみ」「手作り」「シンプル」

「自宅での楽しみ」の1つとして思いつくのは、子どもや友だちとの「ホームパーティ」。主婦たちは、どんなホームパーティを好んでいるのでしょうか?アンケートでは、「あたたかみのある会」や「手作り感がある会」「シンプルな会」などが多く選ばれ、「華やかな会」や「豪華な会」を選んだ人は少数でした。主婦たちは贅沢を避けながら、家族や友だちのために丁寧に時間を使おうとしているようです。

節約・家事アドバイザー 矢野きくのさんによると、最近は、家族のお祝いは外食ではなく家でホームパーティをしたり、子どものおやつは子どもと一緒に作ったりする家庭が増えているそうです。カルピスの特設サイトでは、矢野さんが紹介する「『おうち時間』を賢く楽しむ方法」を掲載。また「おうち時間」を楽しくするアイテムとして、3種のカルピスが当たるプレゼントキャンペーンも実施しています。

家計への影響は避けられない消費税増税ですが、上手にお金を使って「おうち時間」を楽しめば、家族や友だちとの絆が深まるきっかけになるかもしれません。

えん食べ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング