プリン味のキットカットを焼くと “焼プリン” に。では、ご当地フレーバーを焼くと...?

えん食べ / 2014年3月27日 15時0分

写真

ハヴァーブレイク?

3月24日、キットカットから「焼いておいしいキットカット プリン味」が発売されました。...焼いておいしい、とな。ちょうど先日、ショコラトリーから新発売された「スペシャル焼きクリームチーズ」を食べて、めちゃくちゃおいしかったばかりじゃないの!

前回はクリームチーズ味だったけれど、今回は「プリン味」。ということは、焼いたら “焼プリン” の味がするのかしら?さっそく編集部でも試してみることにしました!

まずはトースターを用意し、天板にアルミホイルを広げます。続いてキットカットを並べていくのですが、バランスよく熱を当てるため、数は4個くらいがいいでしょう。

ちなみに、キットカットを事前に冷やしておくと、より美しく焼けるそうですよ!

さ!1,000ワットのトースターで温めていきますよ!熱を当て始めて1分くらいすると、側面のチョコレートがジワジワ溶け、1分半を過ぎると表面がフツフツと色づいてきます。

「kitkat」の文字が消え、天面がきつね色になり始めたら、畳みかけるように一気に焦げていくので注意して見ていましょう。少し早目に止めても、余熱でまだ少しこんがりしてきますよ!

取り出した直後はまだアツアツなので、少し冷ましてから食べてみます。まるで今ここで自家製プリンを焼いたかのような、幸せな匂いがしていますよ...!

お、お、おいしいーーーーっ!!!外側は焦げてカリッと香ばしく、本当にカラメルソースを食べているみたい!中はプリン風味のチョコレートがとろ~り溶けて、まるでクレームブリュレのような味わいです。

焼かなくてももちろんおいしいのですが、表面をこんがりさせることによって、より “焼プリン” らしくなるのです。うん、正解!焼くの正解だよ、ネスレさん!!

...ん?キットカットを焼くとこんなにおいしくなるということは、ほかのフレーバーも焼いたらまた違ったおいしさが楽しめるのでは?

というわけで、全国津々浦々の「ご当地キットカット」を集めてみちゃいました!どどーーーん!!!

ここからは、一堂に会した「ご当地キットカット」を焼いたり焼かなかったりしてひたすら試食し、その中からえん食べ編集部が選んだベスト5をご紹介しますよ!

■5位 あずきサンド味(東海・北陸)

あずきのしっとりとした味わいが楽しめる、上品なフレーバー。チョコというより、あずきのお菓子を食べているみたいです!焼いてみると香ばしさが増し、甘さがちょっぴり抑えられた大人の味になりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
えん食べ

トピックスRSS

ランキング